MENU

役立てるの言い換え15語!ビジネスなど様々な場面で使える類語も紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「役立てる」の言い換え表現を紹介します!

「役立てる」は何かを有効に使って役に立つようにすることという意味の言葉です。

彼のアドバイスを基に、仕事で役立てるつもりです。

役立てるは、フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使用できるニュートラルな言葉です。

この記事では「役立てる」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

役立てるの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは役立てるのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①活用する

フォーマルな言葉を表す画像

活用する=「何かを有効に使うこと」の意味

活用するは、単に使うだけでなく、そのものの価値や効果を最大限に引き出すことを意味します。

知識やスキル、道具などを状況や目的に応じて効果的に使うことが「活用する」になります。

ビジネスや学術的な文脈でよく使われるフォーマル寄りの言葉です。

例文

彼のアドバイスを基に、仕事で活用するつもりです。

②応用する

フォーマルな言葉を表す画像

応用する=「基本的な知識や技術を特定の状況や目的に合わせて使うこと」の意味

応用するは、単に知識や技術を持っているだけでなく、それを実際の状況に合わせて柔軟に使いこなすことを表します。

例えば、数学の基礎知識や原理を使い「応用する」ことで、新しい技術を作り出すことができます。

フォーマル寄りの言葉で、技術的や学術的な文脈などでよく使われている言葉です。

例文

彼のアドバイスを基に、仕事に応用するつもりです。

③採用する

フォーマルな言葉を表す画像

採用する=「特定の人や意見、方法などを選んで取り入れること」の意味

採用するは、特定の人を選んで仕事や役割に就かせること、または特定の方法やアイデアを取り入れることを意味します。

採用することは、組織や企業が成長し、発展するための重要なプロセスです。

ビジネスや公的な文脈でよく使われるフォーマル寄りの言葉になります。

例文

彼のアドバイスを基に、新しい方法を採用するつもりです。

④適用する

フォーマルな言葉を表す画像

適用する=「特定の状況や条件に対して規則や方法、技術などを当てはめて利用すること」の意味

適用するは、特定の条件や状況に対して適切なものを選んで使用することを表します。

状況に応じた最適な解決策や方法を見つけることができます。

フォーマル寄りの言葉で、法律や技術、ビジネスなどの文脈でよく使われる言葉です。

例文

彼のアドバイスを参考に、仕事に適用するつもりです。

⑤運用する

フォーマルな言葉を表す画像

運用する=「資金や設備、システムなどを効果的に管理し、目的に沿って活用すること」の意味

運用するは、目的を達成するために、資金やシステム、計画などを効果的に使うことを指します。

例えば、「資産運用」「システム運用」「業務運用」などがこの言葉に該当します。

フォーマル寄りの言葉で、金融や技術的な文脈でよく使われる言葉です。

例文

彼のアドバイスを基に、新しいシステムを運用するつもりです。

⑥行使する

フォーマルな言葉を表す画像

行使する=「権利や力を実際に使うこと」の意味

行使するは、持っている権利や力を具体的に使うことを指します。

例えば、法律上の権利を行使する場合、それを実際に主張したり、利用したりすることを意味します。

法律や権利に関連する文脈で使われることが多いフォーマル寄りの言葉です。

例文

彼のアドバイスに従い、私の権利を行使するつもりです。

⑦駆使する

フォーマルな言葉を表す画像

駆使する=「持っている能力や技術を十分に使いこなすこと」の意味

駆使するは、持っている能力や技術、知識などを十分に活用して、目的を達成することを指します。

例えば、言語を駆使して複雑なコミュニケーションを取ることや、最新の技術を駆使して問題を解決することなどがあります。

フォーマル寄りの言葉で、スキルや知識、技術などを効果的に使うことを強調する文脈でよく使われる言葉です。

例文

彼のアドバイスを活かし、仕事で駆使するつもりです。

⑧実践する

フォーマルな言葉を表す画像

実践する=「理論や計画を実際の行動に移すことを」の意味

実践するは、理論や計画、学んだことなどを実際の行動や現場で具体的に行うことを指します。

例えば、「新しい学習方法を実践する」とは、その方法を実際の勉強に取り入れて実行することです。

フォーマル寄りの言葉なので、カジュアルな会話では「やってみる」などに言い換えると自然な感じになります。

例文

彼のアドバイスを基に、仕事で実践するつもりです。

役立てるの”カジュアル”な言い換え・類語!

役立てるのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑨活かす

ややカジュアルな言葉を表す画像

活かす=「持っている能力や経験、資源を効果的に利用すること」の意味

活かすは、持っている能力や特徴を十分に発揮させたり、有効に利用することを表します。

「経験や知識を活かす」「才能を活かす」などの使い方があります。

ややカジュアル寄りの言葉で、フォーマルな場面でも使われることがありますが、その場合は「活用する」などに言い換えたほうがより適切でしょう。

例文

彼のアドバイスを基に、仕事で活かすつもりです。

⑩うまく使う

カジュアルな言葉を表す画像

うまく使う=「道具や技術などを効率的かつ効果的に活用すること」の意味

うまく使うは、状況や目的に応じて最適な方法で利用することを指します。

「時間をうまく使う」や「道具をうまく使う」のように、限られたリソースや手段を最大限に活かすことを意味します。

日常会話や友人同士の間でよく使われるカジュアルな言葉で、フォーマルな場面では「効果的に使用する」などに言い換えるほうが適切です。

例文

彼のアドバイスを基に、仕事でうまく使うつもりです。

⑪利用する

どちらでもない言葉を表す画像

利用する=「目的を達成するために物やサービスなどを使うこと」の意味

利用するは、物やサービス、機会などを役に立つように使うことを指します。

例えば、「図書館を利用する」などのように使われます。

フォーマルな場面、カジュアルな場面どちらでも使われるニュートラルな言葉です。

例文

彼のアドバイスを参考に、仕事で利用するつもりです。

⑫使いこなす

カジュアルな言葉を表す画像

使いこなす=「物や技術を熟練して効果的に使うこと」の意味

使いこなすは、ある道具や技術などを十分に理解し、効果的に操作、利用することを表します。

特定のスキルや知識を高いレベルで発揮する場合に使われることが多い言葉です。

カジュアル寄りの言葉なので、フォーマルな場面では「駆使する」や「活用する」などに言い換えるほうが良いでしょう。

例文

彼のアドバイスを基に、そのツールを仕事で使いこなすつもりです。

⑬上手に使う

カジュアルな言葉を表す画像

上手に使う=「物や技術を巧みに効果的に利用すること」の意味

上手に使うは、状況や目的に合わせて最適な方法で利用することを指します。

例えば、「時間を上手に使う」や「道具を上手に使う」などのように使われます。

日常会話や親しい間柄でよく使われるカジュアル寄りの言葉です。

例文

彼のアドバイスを基に、仕事で上手に使うつもりです。

⑭試す

カジュアルな言葉を表す画像

試す=「物事の効果や性能などを確認するために実際にやってみること」の意味

試すは、新しい方法やアイデアを実行してみて、その効果や結果を確かめることを指します。

「新しいレシピを試す」などのように使われます。

日常会話などでよく使われるカジュアル寄りの言葉で、フォーマルな場面では「実行する」や「試みる」などのように言い換えるほうが良いでしょう。

例文

彼のアドバイスを基に、仕事で試すつもりです。

⑮やってみる

カジュアルな言葉を表す画像

やってみる=「何かを試しに実際に行ってみること」の意味

やってみるは、何か新しいことや挑戦的なことをする際に、その効果や結果を確かめるために行動に移すことを指します。

試すことや挑戦することの意味合いが強く、実際に手を動かして経験することが「やってみる」です。

カジュアル寄りの言葉なので、フォーマルな場面では「実行する」や「試みる」などに言い換えたほうが適切でしょう。

例文

彼のアドバイスを基に、仕事でやってみるつもりです。

目次