MENU

分かりづらいの言い換え15語!ビジネスやメールで使える類語も紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「分かりづらい」の言い換え表現を紹介します!

「分かりづらい」は理解するのが難しいことという意味の言葉です。

この説明は分かりづらいので、もう一度詳しく教えていただけますか?

分かりづらいはカジュアル寄りの言葉になります。

この記事では「分かりづらい」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

分かりづらいの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは分かりづらいのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①難解

フォーマルな言葉を表す画像

難解=「理解するのが難しい、分かりにくい」の意味

難解は、文章や概念が複雑であったり、専門的であったりして簡単には理解できない様子を表します。

例えば、哲学書や高度な学術論文などが「難解だ」と表現されることがあります。

学術的な文書やビジネスの場面で使われることが多いフォーマル寄りの言葉です。

例文

この説明は難解なので、もう一度詳しく教えていただけますか?

②困難

フォーマルな言葉を表す画像

困難=「物事を成し遂げるのが非常に難しい状態や状況」の意味

困難は、物理的、精神的、環境的な障壁や問題が多く、解決するのが難しい状況を表します。

例えば、「困難な課題」「困難な状況」「困難を乗り越える」といったように使われます。

ビジネスシーンや学術的な場面でよく使われるフォーマル寄りの言葉です。

例文

この説明では理解するのが困難なので、もう一度詳しく教えていただけますか?

③解釈しにくい

フォーマルな言葉を表す画像

解釈しにくい=「意味や内容を理解したり、正確に説明したりするのが難しいこと」の意味

解釈しにくいは、文章や言葉、状況などが曖昧であったり、複雑な場合に使われます。

文学作品の比喩表現や、複雑な法律文書、曖昧な指示などが「解釈しにくい」とされることがあります。

フォーマル寄りの言葉のため、カジュアルな場面では「意味が分かりにくい」などに言い換えたほうが自然です。

例文

この説明は解釈しにくいので、もう一度詳しく教えていただけますか?

④不明瞭

フォーマルな言葉を表す画像

不明瞭=「物事がはっきりしていないこと、明確でないこと」の意味

不明瞭は、視覚的にぼんやりしている場合や、意味が曖昧で理解しにくい場合を表します。

例えば、「不明瞭な説明」「不明瞭な画像」「不明瞭な声」といった表現があります。

ビジネスや学術的な文脈で使われるフォーマル寄りの言葉です。

例文

この説明は不明瞭なので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑤晦渋(かいじゅう)

フォーマルな言葉を表す画像

晦渋=「文章や言葉の意味が難しくて理解しにくいこと、または非常に難解であること」の意味

晦渋は、表現が複雑であったり、専門的な言葉が多かったりする場合に使われます。

古典文学や哲学書などが「晦渋な文章」と表現されることがあります。

フォーマルな場面で使われることが多い言葉なので、日常会話やカジュアルな場面ではあまり使われません。

例文

この説明は晦渋で理解しにくいので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑥抽象的

フォーマルな言葉を表す画像

抽象的=「具体的な形や実態を持たず、概念や観念として存在すること」の意味

抽象的は、具体性がなく、一般化された概念やアイデアを指します。

例えば、「抽象的な芸術作品が好きだ」といった使い方があります。

フォーマル寄りの言葉なので、カジュアルな場面では「具体的ではない」などに言い換えたほうが一般的です。

例文

この説明は抽象的なので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑦曖昧

ややフォーマルな言葉を表す画像

曖昧=「物事がはっきりしないこと」の意味

曖昧は、意味や内容が明確でないことを指します。

言葉や態度が具体的でなく、はっきりしなかったり、一つの言葉や行動が二つ以上の意味にとれる場合や状況や情報が確定していない際に使われます。

ややフォーマル寄りの言葉で、日常会話やカジュアルな場面でも違和感なく使える言葉です。

例文

この説明は曖昧なので、もう一度詳しく教えていただけますか?

分かりづらいの”カジュアル”な言い換え・類語!

分かりづらいのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑧分かりにくい

どちらでもない言葉を表す画像

分かりにくい=「理解するのが難しい、または明瞭でないこと」の意味

分かりにくいは、物事や情報が理解しづらい、解釈が難しいということを指します。

情報が複雑だったり、説明が不十分、言葉の表現が難しかったりするときに使われます。

フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使えるニュートラルな言葉です。

例文

この説明は分かりにくいので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑨複雑

どちらでもない言葉を表す画像

複雑=「多くの要素が絡み合っていて、理解や解決が難しいこと」の意味

複雑は、単純ではない、入り組んでいる、という意味を持ち、物事の解決や理解が難しい状態を表します。

例えば、人間関係、問題の構造、機械の仕組みなどが「複雑」と表現されることがあります。

ビジネスシーンから日常会話まで幅広く使うことができるニュートラルな言葉です。

例文

この説明は複雑なので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑩理解しにくい

どちらでもない言葉を表す画像

理解しにくい=「物事や情報が分かりにくいこと」の意味

理解しにくいは、何かを理解するのが困難な状態を指します。

内容が複雑であったり、抽象的であったり、専門的であったりすることが原因である場合が多いです。

フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使えるニュートラルな言葉です。

例文

この説明は理解しにくいので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑪説明しづらい

カジュアルな言葉を表す画像

説明しづらい=「何かを他人に分かりやすく伝えるのが難しい状態のこと」の意味

説明しづらいは、ある物事や状況を他の人に伝えるのが難しいことを指します。

個人的な感情や感覚、特定の専門用語など他人に説明するのが難しいときに使われます。

カジュアル寄りの言葉なので、フォーマルな場面では「説明が難しい」などに言い換えたほうが適切です。

例文

この説明はお客様に説明しづらいので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑫ややこしい

カジュアルな言葉を表す画像

ややこしい=「物事が複雑で混乱しやすく、理解や処理が難しい状態」の意味

ややこしいは、複雑でわかりにくい状況を指します。

複雑な手続きや、入り組んだ人間関係、詳細が多すぎる説明などが「ややこしい」と感じられることがあります。

日常会話でよく使われるカジュアルな言葉なので、フォーマルな場面では「混乱しやすい」などに言い換えるほうが適切でしょう。

例文

この説明はややこしいので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑬頭に入らない

カジュアルな言葉を表す画像

頭に入らない=「情報や知識が記憶できず、理解しにくい状態」の意味

頭に入らないは、理解できない、覚えられない状態を指します。

集中力不足や睡眠不足、理解度の低い説明などが原因で起こります。

日常会話でよく使われるカジュアル寄りの言葉です。

例文

この説明は頭に入らないので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑭ピンとこない

カジュアルな言葉を表す画像

ピンとこない=「物事の意味が理解できず、しっくりこない状態」の意味

ピンとこないは、何かが直感的に理解できなかったり、納得できなかったりする状態を指します。

新しいアイデアや計画を聞いたときに、その意図や効果がすぐには理解できない場合、「ピンとこない」と感じることがあります。

カジュアル寄りの言葉のため、フォーマルな場面では「納得できない」などに言い換えるほうが適切でしょう。

例文

この説明はピンとこないので、もう一度詳しく教えていただけますか?

⑮こんがらがる

カジュアルな言葉を表す画像

こんがらがる=「複雑で理解しにくい状態」の意味

こんがらがるは、物事が複雑に絡み合って整理がつかなくなる状態を指します。

例えば、何本ものケーブルが絡まってしまったり、複雑な問題を考えているうちに頭の中が混乱してしまったりする状況で「こんがらがる」と使われます。

カジュアル寄りの言葉なので、フォーマルな場面では「混乱する」や「複雑になる」などに言い換えたほうが適切です。

例文

この説明は頭がこんがらがるので、もう一度詳しく教えていただけますか?

目次