MENU

特別の言い換え15語!場面に応じて使える類語や表現を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「特別」の言い換え表現を紹介します!

「特別」は他との間に明確な違いや区別があることを表すという意味の言葉です。

この仕事には、特別なスキルが求められます。

特別は、フォーマル寄りでもカジュアル寄りでもないニュートラルな言葉です。

この記事では「特別」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

特別の”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは特別のフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①特有

フォーマルな言葉を表す画像

特有=「ある特定のものに固有であること」の意味

特有は、他には見られない独自の性質や特徴を指します。

例えば、「この地域に特有の文化」という場合、その文化はその地域だけに見られるものであり、他には存在しないことを意味します。

フォーマル寄りの言葉で、公式な文書やビジネスの場で使用されることが一般的です。

例文

この仕事には、特有のスキルが求められます。

②独自

ややフォーマルな言葉を表す画像

独自=「自分だけのものであるということ」の意味

独自は、他とは異なる状態や特性を指し示す言葉です。

例えば、独自の技術、独自のアイデア、独自のスタイルなどと使われます。

ややフォーマル寄りの言葉ですが、カジュアルな場面でも使える言葉です。

例文

この仕事には、独自のスキルが求められます。

③特異

フォーマルな言葉を表す画像

特異=「通常とは異なる、一風変わった、あるいは特別なということ」の意味

特異は、普通とは異なる特別な性質を持つものを指します。

特異な状況や特異な能力など、さまざまな場面で使用される言葉です。

フォーマル寄りの言葉で、カジュアルな場面や日常会話には向きません。

例文

この仕事には、特異なスキルが求められます。

④特殊

フォーマルな言葉を表す画像

特殊=「普通と異なる、一般的な範囲外のということ」の意味

特殊は、通常とは異なる特別なものを表します。

例えば、特殊な能力を持つ人や特殊な状況などがあります。

特殊なものは通常、一般的なものと比較して異なる点や特別な点を持っていることが特徴です。

フォーマル寄りの言葉で、カジュアルな会話ではあまり頻繁には使われません。

例文

この仕事には、特殊なスキルが求められます。

⑤別格

フォーマルな言葉を表す画像

別格=「一般の基準や枠を超越して特別な存在であること」の意味

別格は、通常の基準や枠組みから外れて特別な存在であることを表します。

例えば、ある分野で他者とは一線を画すほどに傑出した能力や才能を持つ人物を指して「別格」と称することがあります。

フォーマル寄りの言葉で、特別な存在や地位を指す際に使われ、文章やビジネスシーンで用いられることが多いです。

丁寧な印象になりますが、カジュアルな場面でも使える言葉です。

例文

この仕事には、別格のスキルが求められます。

⑥格段

フォーマルな言葉を表す画像

格段=「何かが非常に優れていることや、他と比べて際立って優れていること」の意味

格段は、程度や質が非常に高いことを強調する言葉です。

例えば、料理の味や芸術作品の美しさ、あるいは人の努力や仕事の質などを表現する際に使われます。「格段の進歩」「格段の努力」「格段の才能」といった表現があります。

フォーマル寄りな言葉で、文書やビジネスの場で使われることが多いです。

カジュアルな場面では、「すごく」や「かなり」などに言い換えることで自然な感じになるでしょう。

例文

この仕事には、格段のスキルが求められます。

⑦特定

フォーマルな言葉を表す画像

特定=「特定の個人、物、または状況を明確に特定すること」の意味

特定は、特定の個人、物、場所、または事柄を明確に識別することを指します。

特定の人物を見つける、特定の日時に予定を入れる、あるいは特定の場所に向かうなど、具体的な対象を指定して議論する際に使用されます。

フォーマルな寄りの言葉で、ビジネスや公式な文書、学術的な文脈でよく使われる言葉です。

例文

この仕事には、特定のスキルが求められます。

⑧非凡

フォーマルな言葉を表す画像

非凡=「一般的な範囲を超えた、普通ではない、特別なということ」の意味

非凡は、並はずれて優れていることや、普通ではない優れた才能や能力があることを表します。

非凡なものや非凡な人物は、その優れた能力や特別な特徴によって他とは一線を画す存在を指します。

フォーマルな言葉で、カジュアルな場面ではあまり使われません。

「すごい」や「特別な」などに言い換えるほうが、日常会話では自然でしょう。

例文

この仕事には、非凡なスキルが求められます。

特別の”カジュアル”な言い換え・類語!

特別のカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑨取り分け

ややカジュアルな言葉を表す画像

取り分け=「特に選んで分けること」の意味

取り分けは、特に優れていることを取り出して分けることや、特に注目して選ぶことを指します。

物や資源などを適切に分配する際や、取り分けて特別扱いする人物などを表したりします。

ややカジュアル寄りの言葉で、日常会話やビジネスシーンなどで気軽に使われる言葉です。

例文

この仕事には、取り分け繊細なスキルが求められます。

⑩ひときわ

どちらでもない言葉を表す画像

ひときわ=「他のものと比べて際立って目立つさま」の意味

ひときわは、特に優れているさまを表す言葉です。

例えば、「ひときわ美しい景色」や「ひときわ優秀な選手」などと使われます。

ニュートラルな言葉で、フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使える言葉です。

例文

この仕事には、ひときわ高いスキルが求められます。

⑪特に

どちらでもない言葉を表す画像

特に=「普通と違って際立っているさま、他からはっきりと区別されるさま」の意味

特には、重要な点を示したり、他と区別して強調したりする際によく使われます。

例えば、「特に気になる点がある」「特に美味しい料理」などと使われます。

フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使えるニュートラルな言葉です。

例文

この仕事には、特に高いスキルが求められます。

⑫並はずれ

ややカジュアルな言葉を表す画像

並はずれ=「普通や平凡とは異なる、非凡であること」の意味

並はずれは、特別な能力や特異な特徴を持っていることを指します。

例えば、頭の良さや能力、美しさ、あるいは特定の事柄において傑出していることを表現する際に使用される言葉です。

ややカジュアル寄りな言葉で、フォーマルな場面では、「非凡な」「優れた」などに言い換えするのが良いでしょう。

例文

この仕事には、並はずれたスキルが求められます。

⑬桁違い

どちらでもない言葉を表す画像

桁違い=「通常の基準や期待をはるかに超えていること」の意味

桁違いは、比較対象となるものとの差が非常に大きいことを指し示します。

能力や価値が通常の範囲をはるかに超えている場合に、「桁違いの才能」や「桁違いの成績」というように使用されます。

フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使えるニュートラルな言葉です。

例文

この仕事には、桁違いのスキルが求められます。

⑭桁外れ

ややカジュアルな言葉を表す画像

桁外れ=「非常に大きな数値や程度」の意味

桁外れは、あることが通常と比べてはるかに大きい、または予想をはるかに超えるような場合を指します。

驚きや畏敬の念を表現する際にも使われます。

ややカジュアル寄りの言葉なので、フォーマルな場面では、「非常に優れた」などに言い換えたほうが、より適した表現になるでしょう。

例文

この仕事には、桁外れなスキルが求められます。

⑮とてつもない

カジュアルな言葉を表す画像

とてつもない=「非常に大きな、驚くべき、または過度なこと」の意味

とてつもないは、通常の範囲をはるかに超えることを指して使われます。

これは、非常に大きな程度や度合いを表現する際に使用され、驚きや強調を意味します。

カジュアルな寄りな言葉なので、フォーマルな場面での使用には向きません。

例文

この仕事には、とてつもないスキルが求められます。

目次