MENU

知識を増やすの言い換え15語!ビジネスでも使える類語や表現を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「知識を増やす」の言い換え表現を紹介します!

「知識を増やす」は新しい情報や技能を学び、蓄積し、理解を深めるという意味の言葉です。

製品やサービスに関する知識を増やすことで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

知識を増やすは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

この記事では「知識を増やす」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

知識を増やすの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは知識を増やすのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①理解を深める

理解を深める=「得た知識の質を高めること、詳しく知ること」の意味

「知識を増やす」は「理解を深める」の一部であり、類語と言えます。

理解を深めるは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

製品やサービスに関する理解を深めることで、顧客のニーズに的確に応えられるようになります。

②熟知する

熟知する=「物事を深く理解し、詳しく知っている状態」の意味

「知識を増やす」と「熟知する」は、ともに知的な理解を深めていく過程を表す言葉であり、類語と言えます。

熟知するは日常会話などで使用されることはありますが、「よく知る」などと言い換えられることが多く、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面で多用される言葉です。

例文

製品やサービスの特徴や機能を熟知することで、顧客ニーズに合った提案ができます。

③学習する

学習する=「知識、行動、スキル、価値観などを新しく獲得したり、修正したりする」の意味

「知識を増やす」は「学習する」過程の一部であり、類語と言えます。

学習するは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

製品やサービスについて学習することで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

④情報を得る

情報を得る=「物事に関する知らせや事実を入手する」の意味

「情報を得る」は「知識を増やす」の一部の過程であり、類語と言えます。

情報を得るは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

製品やサービスに関する情報を得ることで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑤知識の涵養に努める

ややフォーマルな言葉を表す画像

知識の涵養に努める=「知識を無理なく、じっくりと時間をかけて養い育てていく」の意味

「知識を増やす」と「知識の涵養に努める」は、ともに知識の獲得や蓄積を意味しており、類語と言えます。

知識の涵養に努めるは、日常会話などのカジュアルな場面で使用される頻度は少なく、ビジネスシーンや公的な文書などで多用される比較的フォーマルな言葉です。

例文

製品やサービスついて知識の涵養に努めることで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑥知識の拡充を図る

知識の拡充を図る=「知識の量や範囲を広げ、知識の充実を図る」の意味

「拡充を図る」という表現には、知識を積極的に増やし、充実させようとすることという意味が含まれており、類語と言えます。

知識の拡充を図るは、ビジネスシーンなどや公的な文書などで多用される比較的フォーマルな言葉です。

例文

製品やサービスに関する知識の拡充を図ることで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑦知識を探求する

知識を探求する=「知識を収集し、その本質や背景にある原因を探る」の意味

「知識を増やす」と「知識を探求する」は、ともに知識の獲得や深化を目指す行為を表す言葉であり、類語と言えます。

知識を探求するという表現は、日常会話などのカジュアルな場面で使用される頻度は少なく、「知識を深める」などと表現されることが多いです。

知識を探求するは、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面で多用される、比較的フォーマルな言葉です。

例文

製品やサービスに関する知識を探求することで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑧専門性を高める

ややフォーマルな言葉を表す画像

専門性を高める=「特定の分野における高度な知識や経験を深める」の意味

「知識を増やす」は「専門性を高める」ための手段であり、類語と言えます。

専門性を高めるは、日常会話などのカジュアルな場面では「自分の強みを伸ばす」や「スキルアップ」などと言い換えられることが多く、ビジネスシーンや公的な文書などで多用される比較的フォーマルな言葉です。

例文

製品やサービスの専門性を高めることで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑨知見を蓄積する

ややフォーマルな言葉を表す画像

知見を蓄積する=「実践的な経験から得た知識や洞察力を、継続的に増やし、深めていく」の意味

「知見を蓄積する」も「知識を増やす」もともに、自己の専門性や理解力を高めていくという意味を含んでいる為、類語と言えます。

知見を蓄積するは、日常会話などのカジュアルな場面では、「スキルアップする」や「経験を積む」などと言い換えられることが多く、ビジネスシーンなどで多用される為、比較的フォーマルな言葉です。

例文

製品やサービスについての知見を蓄積することで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑩把握する

ややフォーマルな言葉を表す画像

把握する=「物事の内容や概念を理解し、その全体像を掴む」の意味

「知識を増やす」も「把握する」も、ともに新しい情報や知識を得ることを意味し、類語と言えます。

把握するは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

製品やサービスの最新動向を把握することで、顧客ニーズに合わせて提案できるようになります。

知識を増やすの”カジュアル”な言い換え・類語!

知識を増やすのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑪学ぶ

どちらでもない言葉を表す画像

学ぶ=「新しいことを知ったり、理解したりする」の意味

「知識を増やす」も「学ぶ」もともに、知識の習得や理解という意味が含まれており、類語と言えます。

学ぶは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

製品やサービスを学ぶことで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑫習う

どちらでもない言葉を表す画像

習う=「教わったことを繰り返し練習して身につける、知識や技術などの教えを受ける」の意味

「知識を増やす」も「習う」もともに、知識や技術の習得という点で共通しており類語と言えます。

習うは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

製品やサービスについて習うことで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑬知る

どちらでもない言葉を表す画像

知る=「物事の存在や発生を確かに認識する、理解する」の意味

「知識を増やす」も「知る」もともに、知識の習得や理解という点で共通しており類語と言えます。

知るは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

製品やサービスについて知ることで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑭知識を吸収する

ややカジュアルな言葉を表す画像

知識を吸収する=「新しい情報や知識を受け入れ、自分のものにしていく」の意味

「知識を吸収する」は「知識を増やす」過程の一部であり、ともに学習や理解を通して、知識や情報を習得することを意味している為、類語と言えます。

「吸収する」という言葉は、本来は物理的な意味で使われる言葉であり、知識を吸収するという表現は比喩表現にあたります。

よってビジネスシーンなどのフォーマルな場面では、誰にでも明確に伝わるよう確実な言葉で伝える必要性がある為、「知識を習得する」などと言い換えられることが多いです。

例文

製品やサービスに関する知識を吸収することで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

⑮知識を身につける

ややカジュアルな言葉を表す画像

知識を身につける=「学習や情報収集によって得られた知識やスキルが実際に活用できるようになる」の意味

「知識を増やす」は「知識を身につける」過程の一部であり、ともに知識の習得や蓄積に関する表現であるため類語と言えます。

「身につける」という言葉は、物理的に何かを着用したり装着したりすることを表す言葉であり、知識を身につけるという表現は比喩表現となります。

よってビジネスシーンなどのフォーマルな場面では、誰にでも明確に伝わるよう確実な言葉で伝える必要性がある為、「知識を習得する」などと言い換えられることが多いです。

例文

製品やサービスに関する知識を身につけることで、顧客のニーズに的確に応えられるようになる。

目次