MENU

試すの言い換え15語!様々な場面で使える表現や類語を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「試す」の言い換え表現を紹介します!

「試す」は何かを実際に使ってみたり、経験してみたりして、その効果や品質を確かめるという意味の言葉です。

新しい技術を試すことで、業務効率の向上が期待されます。

試すは、日常会話や親しい間柄のやり取りで使われるカジュアルな言葉になります。

この記事では「試す」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

試すの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは試すのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①試行する

フォーマルな言葉を表す画像

試行する=「新しいことを始めたり、ある目的を達成するために実験的に行動を起こしたりすること」の意味

試行するは、新しいアイデアや計画の効果や実現可能性を確認することを指します。

一度だけでなく、複数回くり返して結果を評価することも含まれます。

フォーマル寄りの言葉でビジネスや科学、技術などの分野でよく使われる言葉です。

カジュアルな場面では「やってみる」などに言い換えるほうが自然な会話になるでしょう。

例文

新しい技術を試行することで、業務効率の向上が期待されます。

②試用する

フォーマルな言葉を表す画像

試用する=「ある製品を購入または導入する前に、試して使って見ること」の意味

試用するは、新しい製品・サービスを一定期間試してみることを意味します。

試用することにより、新しい製品やサービスが自分のニーズに合っているかどうかを評価することができます。

フォーマル寄りの言葉なので、カジュアルな場面では「お試し期間」や「仮採用」などに言い換える良いでしょう。

例文

新しい技術を試用することで、業務効率の向上が期待されます。

③試験する

フォーマルな言葉を表す画像

試験する=「何かを試して、その性能や品質、能力などを評価するためのテストや検査」の意味

試験するは、何かを試してみるという意味です。

学力や能力を測定するために、問題を与えて解答させたり、何かがうまく機能するか、安全かどうかを確かめるために実際に試してみることを指します。

フォーマル寄りの言葉で、学術的、技術的、または業務上の場面で使われる言葉です。

カジュアルな場面では「テストする」や「試す」などに言い換えたほうが自然でしょう。

例文

新しい技術を試験することで、業務効率の向上が期待されます。

④着手する

フォーマルな言葉を表す画像

着手する=「ある作業やプロジェクトなどに取り掛かること」の意味

着手するは、計画やタスクを開始し、進めていくことを指します。

何か重要な作業やプロジェクトに取り組む際に使われます。

フォーマルな言葉なので、カジュアル場面では、「始める」や「取り組む」などに言い換えると自然な会話になるでしょう。

例文

新しい技術に着手することで、業務効率の向上が期待されます。

⑤実行する

フォーマルな言葉を表す画像

実行する=「計画や決定を実際に行動に移すこと」の意味

実行するは、具体的な計画や方針を実施し、目標や目的を達成するために行動を起こすことを指します。

例えば「プログラムを実行する」や「計画を実行する」などの使い方があります。

フォーマルな寄りの言葉なので、日常会話やカジュアルな場面では「やる」や「行う」などに言い換えると自然な会話になるでしょう。

例文

新しい技術を実行することで、業務効率の向上が期待されます。

⑥検証する

フォーマルな言葉を表す画像

検証する=「ある主張や事実について、真偽を明らかにするために証拠やデータを調査し、確認すること」の意味

検証するは、事実に基づいて確かめること、論理的に正しいかどうかを確かめるこを指す言葉です。

真実かどうかを確かめることを目的とします。

ビジネスシーンや学術的な文脈で、資料の内容を見直したり、情報の真偽を確かめたりする際に使われるフォーマルな言葉です。

「確かめる」や「確認する」などがカジュアルな言い換えになります。

例文

新しい技術を検証することで、業務効率の向上が期待されます。

⑦検討する

フォーマルな言葉を表す画像

検討する=「何かについて詳細に調べたり考えたりすること」の意味

検討するは、ある問題や計画について注意深く考えたり、調査したりして、それに関するあらゆる側面や可能性を熟考することです。

検討することで、より良い意思決定を行ったり、計画をよりよくするための情報を集めたりすることができます。

フォーマル寄りの言葉で、カジュアルな会話や日常会話ではあまり使用されません。

例文

新しい技術を検討することで、業務効率の向上が期待されます。

試すの”カジュアル”な言い換え・類語!

試すのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑧挑む

どちらでもない言葉を表す画像

挑む=「困難や障害に立ち向かうことや、競争や試合に参加すること」の意味

挑むは、新しいことにチャレンジすることや、自分の限界を超えようとすることを指します。

この言葉は、困難な状況に果敢に立ち向かう勇気や意志を表すことが多いです。

フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使えるニュートラルな言葉です。

例文

新しい技術に挑むことで、業務効率が向上することが期待されます。

⑨トライ

カジュアルな言葉を表す画像

トライ=「何かを試しにやってみること、挑戦すること」の意味

トライは、一般的には「挑戦する」、「試みる」という意味を指します。

ラグビーの試合で、相手のインゴールにボールを持ち込むことで得点することも「トライ」と言います。

カジュアル寄りの言葉で、日常会話や書き言葉などでよく見られる言葉です。

例文

新しい技術にトライすることで、業務効率の向上が期待されます。

⑩やってみる

カジュアルな言葉を表す画像

やってみる=「試してみる、実際に行ってみる、試みてみる」の意味

やってみるは、何か新しいことを始めたり、何かを成し遂げたりするために、自分で実際に試してみることを指します。

挑戦的な精神や主体性を表現するためによく使用されます。

カジュアルな言葉なので、フォーマルな状況で使用する場合は、「試みる」などに言い換えるのが適切です。

例文

新しい技術をやってみることで、業務効率の向上が期待されます。

⑪押っ始める

カジュアルな言葉を表す画像

押っ始める=「何かを無理やり始める、あるいは無理やり進めるということ」の意味

押っ始めるは、他の人たちが準備ができていない状況で無理に始めることを指します。

また、押し付けるように進めるという意味合いも含まれることがあります。

日常会話で使われることが多いカジュアル寄りの言葉なので、フォーマルな場面での使用には向きません。

例文

新しい技術を押っ始めることで、業務効率の向上が期待されます。

⑫テスト

どちらでもない言葉を表す画像

テスト=「何かを試してみることによって、その状態や能力を調べること」の意味

テストは、製品やシステムの機能や性能、学校や大学で行われる評価や試験を指す言葉です。

また、「市場のテスト」「実地テスト」といったように、試験的な性質のある出来事や状況を指すこともあります。

フォーマ寄りでもカジュアル寄りでもないニュートラルな言葉なので、幅広い場面で使われる言葉です。

例文

新しい技術をテストすることで、業務効率の向上が期待されます。

⑬見る

どちらでもない言葉を表す画像

見る=「視覚を使って物や景色、人、またはイベントを認識する行為」の意味

見るは、目を使って物を見ることや、映像を観ること、あるいは抽象的な意味で情報を得ることなどを指します。

また、「見る」には他の意味もあり、例えば、何かを考慮する、計画を立てる、または状況を理解するなどの意味も持ちます。

非常に多目的であり、様々な文脈で使用されるニュートラルな言葉です。

例文

新しい技術を見ることで、業務効率の向上が期待されます。

⑭シミュレーション

どちらでもない言葉を表す画像

シミュレーション=「実際の状況を模擬的に再現して、その結果を予測または理解すること」の意味

シミュレーションは、実際に何かが起きる前に、その状況やプロセスを模擬的に再現することです。

これにより、実際の結果や振る舞いを予測したり、理解したりすることが可能になります。

フォーマル場面でもカジュアルな場面でも使えるニュートラルな言葉です。

例文

新しい技術をシミュレーションすることで、業務効率の向上が期待されます。

⑮取り掛かる

どちらでもない言葉を表す画像

取り掛かる=「新しい事を開始すること」の意味

取り掛かるは、新しい活動や仕事を始めることを指します。

その活動に集中し、真剣に取り組むことを示す言葉です。

ニュートラルな言葉で、仕事での指示を受ける際や友人との会話で使う際など、幅広い場面で使うことができる言葉になります。

例文

新しい技術に取り掛かることで、業務効率の向上が期待されます。

目次