MENU

死ぬの言い換え15語!場面や相手に応じた表現や使い方を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「死ぬ」の言い換え表現を紹介します!

「死ぬ」は命がなくなる、息が絶える、また、自ら命を断つという意味の言葉です。

ほかにも、そのもの本来の力や働きが果たされなかったり、うまく利用されなかったりする状態になる。活用されなくなるという意味もあります。

祖父が、死んでしまいました。

カジュアルな言葉なので、フォーマルな場面では、言い換え語を使うとよいでしょう。

この記事では「死ぬ」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

死ぬの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは死ぬのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①永眠

ややフォーマルな言葉を表す画像

永眠=「永眠の眠りにつくこと、死ぬこと、死去」という意味

葬儀の場やお悔やみの言葉として使われることが多く、礼儀や敬意を表す場面で使われます。

間接的で、敬意を込めた柔らかい表現です。

喪中はがきなどでよく使われる、フォーマルな言葉です。

祖父は、永眠いたしました。

②他界

ややフォーマルな言葉を表す画像

他界=「死ぬことを婉曲にいう語」という意味

死後の世界、あの世、来世、夢や忘我状態のときに魂がさまよう所という意味もあります。

敬意を払う意味があり、故人やその遺族に対する配慮が含まれます。

ビジネスシーンでも使える、フォーマルな言葉です。

祖父が、他界しました。

③逝去

ややフォーマルな言葉を表す画像

逝去=「他人を敬って、その死をいう語」という意味

尊敬する人物や、目上の人が亡くなることを丁寧に表現する言葉です。

敬意とともに深い悲しみを込めた表現です。

身内以外の方に対してよく使われる、フォーマルな言葉です。

会長が、逝去されました。

④急逝

ややフォーマルな言葉を表す画像

急逝=「急に死ぬこと、急死」という意味

予期せぬ死去や病気、事故などによる急な死を表現する際に使われます。

突然亡くなることを強調し、驚きと深い悲しみを伴うニュアンスがあります。

フォーマルな言葉で、ビジネスシーンでも使える言葉です。

祖父が、急逝いたしました。

⑤死去

ややフォーマルな言葉を表す画像

死去=「死んでこの世を去ること」という意味

身内や、自社の上司、同僚の訃報を伝える際に使われる言葉です。

「死ぬ」よりも、礼儀正しく丁寧な表現です。

メディアなどでもよく使われる、フォーマル寄りな言葉です。

祖父が、死去いたしました。

⑥死亡

ややフォーマルな言葉を表す画像

死亡=「人が死ぬこと、死去」という意味

法的な文書や証明書、報告書などで使われることが多い言葉です。

より公式で客観的な印象を与えます。

フォーマル寄りな言葉で、死去と同様、メディアでもよく使われる言葉です。

祖父の、死亡届を記入する。

死ぬの”カジュアル”な言い換え・類語!

死ぬのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑦亡くなる

どちらでもない言葉を表す画像

亡くなる=「人が死ぬの婉曲的な言い方」の意味

身内などに対して、よく使われる言葉です。

「死ぬ」よりも、柔らかい表現です。

真面目な会話でも使われる、ニュートラルな言葉です。

祖父が、亡くなりました。

⑧帰らぬ人

どちらでもない言葉を表す画像

帰らぬ人=「死んだ人、不帰の客」という意味

二度と帰ってこないという深い意味を含んでいます。

感傷的なニュアンスを持ち、その人の存在を惜しむ感情が込められています。

フォーマルな場面でも使える、ニュートラルな言葉です。

祖父が、帰らぬ人となりました。

⑨息を引き取る

どちらでもない言葉を表す画像

息を引き取る=「呼吸が止まる、死ぬ」という意味

身内や身内以外に対しても、使える言葉です。

穏やかで優しい印象を与える言葉です。

ニュートラルな言葉で、ビジネスシーンでも使えます。

祖父が、息を引き取りました。

⑩生涯を閉じる

どちらでもない言葉を表す画像

生涯を閉じる=「死ぬこと、 人生を終えること」という意味

その人の一生が完了することを指しています。

敬意を持って、故人の人生を称賛する場面で使われることがあります。

人生の幕を閉じるなどと、言い換えられることもあります。

祖父は、90歳でその生涯を閉じた。

⑪世を去る

どちらでもない言葉を表す画像

世を去る=「死ぬ」という意味

生命が終わり、この世から去ることを指します。

感情的な表現や、文学的な文脈での美しい表現の際に使われます。

カジュアルな場面でも、フォーマルな場面でも使える言葉です。

祖父が、この世を去りました。

⑫大往生

どちらでもない言葉を表す画像

大往生=「少しの苦しみもなく安らかに死ぬこと、長生きして死ぬこと、また、りっぱな死に方であること」の意味

長寿で満ち足りた人生を送り、自然な死を迎えることを表現します。

その人の人生や生涯を称賛し、尊敬の念を込めた表現です。

遺族以外が使ってはいけない、ニュートラルな言葉です。

祖父は、大往生を迎えました。

⑬天寿を全うする

どちらでもない言葉を表す画像

天寿を全うする=「長生きして死ぬ、また、病気や外傷によらず、自然死する」という意味

大往生と同様、身内以外に対しては使われない言葉です。

高齢で自然な形で、長寿を迎えたことを称賛する場合に使われます。

ビジネスシーンでも使える、ニュートラルな言葉です。

祖父は、天寿を全うすることができた。

⑭旅立つ

ややカジュアルな言葉を表す画像

旅立つ=「亡くなる、死ぬ」という意味

詩的または感情的な表現で、この世を去ることを美しい言葉で表現します。

その人の魂や精神が、新たな旅に出るというイメージを含みます。

カジュアルな場面でよく使われる言葉です。

祖父が、天国へ旅立ちました。

⑮失う

ややカジュアルな言葉を表す画像

失う=「かけがえのない人をなくす、死に別れる」という意味

「喪う」と書かれることもあります。

物質的や、感情的な損失を表現する場合に使われる言葉です。

カジュアル寄りな言葉で、日常会話でよく使われます。

大好きな祖父を、失った。

目次