MENU

パクリの言い換え15語!場面に応じて使える類語や表現を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「パクリ」の言い換え表現を紹介します!

「パクリ」はかすめとること、アイデアなどを盗用することという意味の言葉です。

他サイトのコンテンツを、パクってはいけません。

日常会話で使われる、カジュアルな言葉です。

この記事では「パクリ」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

パクリの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずはパクリのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①模倣

ややフォーマルな言葉を表す画像

模倣=「他のものをまねること、似せること」という意味

創造性を、発展させるための手段としても使われます。

学習や自己改善のために、他人のアイデアや作品を参考にする行為を意味します。

ビジネスシーンでも使われる、フォーマル寄りな言葉です。

他サイトのコンテンツを、模倣するだけではいけません。

②模造

ややフォーマルな言葉を表す画像

模造=「本物に似せてつくること、また、そのもの」という意味

外見や機能を、できるだけ元の物に似せて作ることが目的です。

元の物を真似て作ることが目的であり、学習や展示、技術の習得など正当な目的で行われることもあります。

ビジネスの場でも使える、フォーマルな言葉です。

他者の作品を、模造してはいけません。

③盗作

ややフォーマルな言葉を表す画像

盗作=「他人の作品の全部または一部を、そのまま自分のものとして無断で使うこと、または、その作品、剽窃 (ひょうせつ)」という意味

盗作は創作活動の倫理に反するだけでなく、著作権侵害として法的な問題を引き起こす可能性があります。

法的にも倫理的にも、重大な問題を引き起こす行為です。

フォーマル寄りな言葉で、ビジネスシーンでも使えます。

他サイトのコンテンツを、盗作してはいけません。

④盗用

ややフォーマルな言葉を表す画像

盗用=「他人の所有になるものを無断で使用すること」という意味

他人の創作物や知的財産を不正に使用して、自分の利益や名声を得る行為です。

知的財産や、創作物の無断利用を指します。

ビジネスシーンや、フォーマルなシーンで使われる言葉です。

他サイトのコンテンツを、盗用してはいけません。

⑤剽窃(ひょうせつ)

ややフォーマルな言葉を表す画像

剽窃=「他人の作品や論文を盗んで、自分のものとして発表すること」という意味

著作権侵害として法的な問題を引き起こすだけでなく、学術や文学の倫理にも反する行為です。

正式で厳格な表現であり、特に学術や文学の分野での無断利用を指します。

日常会話ではあまり使われない、フォーマルな言葉です。

他者の作品を、剽窃してはいけません。

⑥偽造

ややフォーマルな言葉を表す画像

偽造=「にせものをつくること、贋造 (がんぞう)」という意味

他人を欺く目的で、文書、署名、通貨、商品などの本物のように見せかけた偽物を作成する行為を指します。

偽造行為は詐欺や著作権侵害などの犯罪として厳しく罰せられるため、適切な倫理観と法の遵守が求められます。

フォーマルなシーンでよく使われる言葉です。

他サイトのコンテンツを、偽造してはいけません。

パクリの”カジュアル”な言い換え・類語!

パクリのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑦人真似

どちらでもない言葉を表す画像

人真似=「他人の行動・やり方などをそっくりまねること」という意味

動物が、人間のしぐさや言葉をまねることという意味もあります。

学習や成長の一環として、肯定的に評価されることが多いです。

日常会話でも使える、ニュートラルな言葉です。

他サイトのコンテンツを、人真似するだけではいけません。

⑧擬える

どちらでもない言葉を表す画像

擬える=「まねて作る、にせる、なずらえる」という意味

ある物事を類似のものと比較して、仮にそれとみなす、擬するという意味もあります。

創造的な比喩や模倣を行うことであり、文化や芸術の文脈で使われ、ポジティブな評価を受けることが多いです。

カジュアルな場面でも、ビジネスの場面でも使える言葉です。

他者の作品を、擬えるだけではいけません。

⑨イミテーション

どちらでもない言葉を表す画像

イミテーション=「模倣、まね」という意味

模造品、まがいもの、にせものという意味もあります。

あるものを手本にして、似せて作られたものやその行為を指します。

ビジネスシーンでもよく使われる言葉です。

他サイトのコンテンツを、イミテーションするだけではいけません。

⑩コピー

どちらでもない言葉を表す画像

コピー=「物まね、模倣」という意味

写し取ること、複写、模写、また、そのものという意味もあります。

著作権の範囲内で行われる場合は、合法的なことが多いです。

ビジネスシーンや日常会話で使える、ニュートラルな言葉です。

他サイトのコンテンツを、コピーするだけではいけません。

⑪オマージュ

どちらでもない言葉を表す画像

オマージュ=「敬意、尊敬、または、献辞、賛辞」という意味

特に、芸術や文学の分野で使われるフランス語の語彙です。

元の作品や作者への敬意や賛辞を示すために作られ、創造性を含みます。

フォーマルなシーンでも使える、ニュートラルな言葉です。

他サイトのコンテンツを、オマージュする。

⑫二次創作

ややカジュアルな言葉を表す画像

二次創作=「既存の作品をもとにして、新たな作品を創作すること、特にマンガ・アニメなどの登場人物や世界観を流用して独自の作品を創作すること」という意味

著作権者の許可が必要な場合がありますが、多くの場合、ファン活動として許容されています。

二次創作は、ファン活動として行われることが多いです。

カジュアルな場面で使われることが多い言葉です。

この作品は、他者の作品の二次創作です。

⑬真似る

ややカジュアルな言葉を表す画像

真似る=「他の人や物に似せる、まねをする、模倣する」という意味

文脈によっては、模倣行為や模倣作品として否定的に捉えられることもあります。

単に見て学ぶ行為や、模倣して作ることを指しますが、パクリほど法的・倫理的に問題視されることはありません。

日常会話で使われる、カジュアル寄りな言葉です。

他サイトのコンテンツを、真似るだけではいけません。

⑭似せる

ややカジュアルな言葉を表す画像

似せる=「似るようにする、まねる」という意味

物事や状況を他に似るように変える行為や、模倣することを指して使われる言葉です。

特に否定的な意味合いを持たないことが特徴です。

カジュアルな言葉で、日常会話でよく使われます。

他サイトのコンテンツと、似せるだけではいけません。

⑮盗む

ややカジュアルな言葉を表す画像

盗む=「他人の技・芸や考えなどをひそかに、または無断でまねる」という意味

ひそかに他人のものを取って、自分のものにするという意味もあります。

物品だけでなく、権利やアイデアなどを不正に奪う行為を指します。

カジュアル寄りな言葉なので、ビジネスシーンでは言い換え語を使うとよいでしょう。

他サイトのコンテンツを、盗んではいけません。

目次