MENU

無くなるの言い換え15語!ビジネスシーンでも使える類語を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「無くなる」の言い換え表現を紹介します!

「無くなる」は存在しなくなる、絶える、終わる、使いつくすなど複数の意味を持つ言葉です。

信頼関係が無くなれば、取引も無くなります。

無くなる」はフォーマルでもカジュアルでもないニュートラルな言葉です。

日常生活でのほうがどちらかと言えば使う機会は多いかもしれません。

この記事では「無くなる」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

無くなるの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは無くなるのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①消滅

ややフォーマルな言葉を表す画像

消滅=「消えてなくなる、完全に無くなること」の意味

消滅は「無くなる」が持つ意味の中でも「存在しなくなる」の意味合いの言葉です。

「無くなる」は部分的な場合も含みますが、消滅は完全に消え去るという場合に使います。

日常会話で使うにはかしこまった表現なので、ややフォーマルと言えます。

信頼関係が消滅すれば、取引も消滅します。

②消失

フォーマルな言葉を表す画像

消失=「今まであったものが消え去ること」の意味

消失は「無くなる」と同じ意味で使えますが、よりフォーマルな表現です。

また、消失は「突然、理由もわからず」というニュアンスが強いです。

信頼関係が消失すれば、取引も消失します。

③断絶

フォーマルな言葉を表す画像

断絶=「続いてきたことが絶えて無くなること」の意味

断絶には、全くつながりが無くなる、関係を断ち切ることという意味もあります。

「無くなる」に比べて、繋がりが無くなる場合に用いられます。

信頼関係が断絶すれば、取引も断絶します。

④立ち消え

ややフォーマルな言葉を表す画像

立ち消え=「計画などが中途で無くなること、中止になること」の意味

立ち消えは「無くなる」と同じく存在しなくなるという意味を持ちますが、使用シーンが少し異なります。

立ち消えは具体的なものが無くなるのではなく、予定や計画などが実行されずに終わるというニュアンスです。

信頼関係が無くなれば、取引も立ち消えになります。

⑤失われる

ややフォーマルな言葉を表す画像

失われる=「持っていたもの、あったものが無くなる状態」の意味

失われるは「無くなる」と同じ意味を持ちますが、より強い表現です。

どちらかというとネガティブな影響がある場合に用いられることが多いです。

また存在しなくなる対象が、価値のあるものの場合に適しているでしょう。

信頼関係が失われれば、取引も無くなります。

⑥白紙になる

フォーマルな言葉を表す画像

白紙になる=「進行中の物事が最初の状態に戻る」の意味

白紙になるは、物理的に何かが無くなるという意味ではなく、振出しに戻るといった意味合いの言葉です。

約束や計画、契約などが白紙になるという表現では、無くなると近いニュアンスで使われます。

積み上げてきた信頼関係が白紙になれば、取引も白紙になります。

⑦崩れる

ややフォーマルな言葉を表す画像

崩れる=「安定していたものがこわれる、状態が悪くなる」の意味

崩れるは「無くなる」よりも物理的な変化を伴う場合に使います。

また、悪い状況への変化についてを表すことが多いです。

信頼関係が崩れれば、取引も無くなります。

⑧果てる

ややフォーマルな言葉を表す画像

果てる=「続いていた物事が終わる」の意味

果てるは「無くなる」よりも少しフォーマルな表現で、文学作品など文語的な使用が多いです。

無くなるという言葉の持つ意味の中でも、尽きて無くなるニュアンス寄りです。

信頼関係が果てれば、取引も無くなります。

無くなるの”カジュアル”な言い換え・類語!

無くなるのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑨尽きる

どちらでもない言葉を表す画像

尽きる=「物が少なくなっていき無くなること」の意味

存在が次第に消えて完全に無くなる様子を表現しています。

「無くなる」よりも量的な変化を伴う表現です。

フォーマルにもカジュアルにもそのシーンに合わせて使える言葉です。

信頼関係が尽きれば、取引も尽きます。

⑩終わる

どちらでもない言葉を表す画像

終わる=「続いていたものが無くなる、それ以上先がない状態」の意味

終わるはニュートラルな表現です。

時間、動作などの続いていたものが区切りを迎える場面に用いられます。

信頼関係が終わるのなら、取引も終わります。

⑪途切れる

どちらでもない言葉を表す画像

途切れる=「途中で無くなること」の意味

途切れるは「無くなる」よりも、継続していたものが中途で絶えるというニュアンスを持ちます。

その後、再び状態が回復し元に戻る可能性も含んでいます。

日常会話でもビジネスシーンなどでも使うことができる言葉です。

信頼関係が途切れるのなら、取引も途切れてしまいます。

⑫消える

ややカジュアルな言葉を表す画像

消える=「それまであったものが無くなる、見えなくなる」の意味

消えるは「無くなる」と同じように存在しなくなる意味を持ちますが、より視覚的・物理的な変化を表します。

どちらかというと日常会話などのカジュアルなシーンに向いています。

信頼関係が消えれば、取引も消えます。

⑬跡形もない

ややカジュアルな言葉を表す画像

跡形もない=「すっかりなくなること、完全になくなること」の意味

跡形もないはビジネスシーンではあまり使われません。

痕跡もない状態になる、ということから「無くなる」より強い完全に消失する意味を持ちます。

信頼関係が跡形もなくなり、取引も無くなりました。

⑭灰燼に帰す

ややカジュアルな言葉を表す画像

灰燼に帰す(かいじんにきす)=「焼けて灰になる、完全になくなる」の意味

「無くなる」と同じ意味合いですが、先述の「跡形もない」に近く、より強い消失の表現です。

これまで積み上げてきたものが台無しになる、無駄になるといった場面に使用できます。

あまりビジネスシーンでは使わない表現です。

信頼関係が無くなれば、ここまでの取引も灰燼に帰すことになります。

⑮パーになる

カジュアルな言葉を表す画像

パーになる=「進行中の物事が途中で終わること、無駄になること」の意味

パーになるはビジネスシーンでは使えないカジュアルな表現です。

努力してきた、上手くいっていたことが無駄になる、という意味合いの言葉です。

信頼関係が無くなれば、取引もパーになります。

目次