MENU

目の当たりにするの言い換え15語!ビジネスで使える表現や類語も紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「目の当たりにする」の言い換え表現を紹介します!

「目の当たりにする」は実際に目の前で見ることという意味の言葉です。

海外研修で現地の文化や習慣を目の当たりにし、いい刺激を受けました。

目の当たりにするという言葉は、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

この記事では「目の当たりにする」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

目の当たりにすの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは目の当たりにするのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①目撃する

ややフォーマルな言葉を表す画像

目撃する=「自分の目で見ること」の意味

目撃するは、自分の目で見ること、その場に居合わせて見ることを意味し、目の当たりにすると言い換え可能です。

目撃するは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を目撃する機会があり、いい刺激を受けました。

②居合わせる

ややフォーマルな言葉を表す画像

居合わせる=「ちょうどその場に偶然いる」の意味

居合わせるは、ちょうどその場に偶然いる、その場に居るという意味を持ち、目の当たりにすると類語となります。

居合わせるは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣に触れられる現場に居合わせたことで、いい刺激を受けました。

③垣間見る

ややフォーマルな言葉を表す画像

垣間見る=「ひそかに見ること、物事の一部分を偶然に見ること」の意味

目の当たりにするも垣間見るもともに、物事を直接見るという点で類語と言えます。

ただし、目の当たりにするは物事の全体像を、垣間見るは物事の一部分を見るという違いがあり、使用の際には注意が必要となります。

垣間見るは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を垣間見たことで、いい刺激を受けました。

④体験する

ややフォーマルな言葉を表す画像

体験する=「直接感じたり、見たりする」の意味

体験するは、実際に自分で経験すること、直接感じたり見たりすることを意味し、目の当たりにすると類語と言えます。

体験するは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を体験し、いい刺激を受けました。

⑤直視する

ややフォーマルな言葉を表す画像

直視する=「事実や事態の本当の姿をありのままに正しく見つめる」の意味

目の当たりにするも直視するもともに、目の前の事実や現実を正面から見て、認識や体験をすることを意味し、類語と言えます。

直視するは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を直視し、いい刺激を受けました。

⑥確認する

ややフォーマルな言葉を表す画像

確認する=「調べたり、比較したり、尋ねたりして、はっきりさせること」の意味

目の当たりにするも確認するもともに、事実を確認するという点において類語と言えます。

目で直接見ることで、確認することができるという密接な関係性から文脈によっては言い換えも可能な言葉となります。

確認するは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を確認し、いい刺激を受けました。

⑦眼前にする

ややフォーマルな言葉を表す画像

眼前にする=「目の前で起こっていることを直接見る」の意味

眼前にするは、目の前で直接見ること、目の前で起こっていることを体験することという意味を持ち、目の当たりにすると言い換え可能です。

眼前にするは、ビジネスシーンなどで使用される比較的フォーマルな言葉であり、日常会話などのカジュアルな場面では『直接する』『生で見る』などと言い換えられることが多いです。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を眼前にし、いい刺激を受けました。

⑧立ち会う

ややフォーマルな言葉を表す画像

立ち会う=「物事の成り行きや結果を見守る為にその場にいる」の意味

目の当たりにするも立ち会うもともに、現場に居合わせて直接目撃するという意味を持ち、類語と言えます。

立ち会うはビジネスシーンなどで使用される比較的フォーマルな言葉であり、日常会話などのカジュアルな場面では『その場にいる』『見守る』などと言い換えられることが多いです。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を体験できる場に立ち会い、いい刺激を受けました。

⑨認識する

ややフォーマルな言葉を表す画像

認識する=「事物の本質を把握し、理解する」の意味

目の当たりにするも認識するもともに、物事を知覚し理解するという意味があり、類語と言えます。

ただし、目の当たりにするは実際の体験や直接的な経験を、認識するは知的な理解を表すという違いがあるので、使用の際には注意が必要となります。

認識するはビジネスシーンなどで多用される比較的フォーマルな言葉で、日常会話などのカジュアルな場面では『わかる』『感じる』『知る』『気づく』 などと言い換えられることが多い言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を認識し、いい刺激を受けました。

⑩視察する

ややフォーマルな言葉を表す画像

視察する=「現地や現場に赴いて、その実際の様子を直接見る」の意味

目の当たりにするも視察するもともに、現地や現場に赴き自分の目で直接確かめることを意味する為、類語と言えます。

ただし目の当たりにするは予期せぬことを偶然目撃するのに対し、視察するは計画的に行われるという違いがある為、使用の際には注意が必要です。

視察するは、日常会話などのカジュアルな場面で使用される機会は少なく、ビジネスシーンなどで多用される為、フォーマルな言葉と言えます。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を視察し、いい刺激を受けました。

目の当たりにするの”カジュアル”な言い換え・類語!

目の当たりにするのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑪じかに見る

どちらでもない言葉を表す画像

じかに見る=「直接見る、目撃する」の意味

じかに見るは、直接的に自分の目で見ることを意味し、目の当たりにすると言い換え可能です。

じかに見るは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣をじかに見て、いい刺激を受けました。

⑫自分の目で見る

ややカジュアルな言葉を表す画像

自分の目で見る=「他人からの情報ではなく自分の目で直接見ること」の意味

自分の目で見るは、他人からの情報ではなく、現場に居合わせ直接自分の目で見ることを意味し、目の当たりにすると言い換え可能です。

自分の目で見るは、日常会話などで多用されるカジュアルな言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を自分の目で見て、いい刺激を受けました。

⑬生で見る

どちらでもない言葉を表す画像

生で見る=「実際の現場や現物を自分の目で見る」の意味

生で見るは、テレビやインターネットなどの媒体で見るのではなく、実際の現場や現物を自分の目で直接見ることを意味し、目の当たりにすると言い換え可能です。

生で見るは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を生で見て、いい刺激を受けました。

⑭経験する

どちらでもない言葉を表す画像

経験する=「実際に見たり、聞いたり、訪れたりすることで知識を得る」の意味

目の当たりにするも経験するもともに、直接的な体験を意味しており類語と言えます。

経験するは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を経験し、いい刺激を受けました。

⑮知る

どちらでもない言葉を表す画像

知る=「認識する、理解する、気づく、感じとる」の意味

目の当たりにするも知るもともに、直接的な経験を通して得られる認識や理解を指し、類語と言えます。

知るは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

海外研修で現地の文化や習慣を知り、いい刺激を受けました。

目次