MENU

気の毒の言い換え15語!ビジネスなど場面に応じた類語を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「気の毒」の言い換え表現を紹介します!

「気の毒」は他人の不幸や苦しみに同情して心を痛めるという意味の言葉です。

また、他人に迷惑をかけて申し訳なく思うことという意味も含まれています。

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に気の毒に思う。

気の毒は、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

この記事では「気の毒」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

気の毒の”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは気の毒のフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①不憫

ややフォーマルな言葉を表す画像

不憫=「気の毒、可哀想」の意味

「不憫」は、相手に同情する気持ちを表す言葉です。

不憫は、ビジネスシーンや公的な場面で、上位の立場の人が下位の立場の人に対して使われることの多いフォーマルな言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に不憫に思う。

②痛ましい

ややフォーマルな言葉を表す画像

痛ましい=「気の毒、不憫、可哀想、哀れ」の意味

「痛ましい」は相手の状況に同情する気持ちを表す言葉です。

痛ましいという言葉は、日常会話などのカジュアルな場面で用いられることが少なく、ビジネスシーンなどで多用されるフォーマルな言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に痛ましく思う。

③不運

ややフォーマルな言葉を表す画像

不運=「運が悪い、運が無い状態」の意味

「不運」とは、運が無い、不幸な状況を表す言葉です

不運は日常会話などのカジュアルな場面では、「運が無い」や「ツイていない」などと表現されることが多く、ビジネスシーンなどで多用される為、フォーマルな言葉と言えます。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に不運だなと思う。

④不遇

ややフォーマルな言葉を表す画像

不遇=「才能や人物があるにもかかわらず、めぐりあわせが悪く、世間から認められない」の意味

「気の毒」も「不遇」もともに、運命に恵まれない状況を表す言葉であり、類語と言えます。

ただし、気の毒は相手の状況を、不遇は自分の境遇を指すという違いがある為、使用の際には注意が必要です。

不遇は、ビジネスシーンなどで多用されるフォーマルな言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に不遇に思う。

⑤不幸

ややフォーマルな言葉を表す画像

不幸=「幸福でない状態や境遇」の意味

「不幸」とは、幸せでない状態や不運な出来事を指す言葉です。

気の毒は他人の不幸な状況に対し、同情をしている様子を表す為、類語と言えます。

不幸は日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった様子を見ると、不幸な部下だなと思う。

⑥心配

ややフォーマルな言葉を表す画像

心配=「他人のことを気にかける」の意味

「気の毒」も「心配」もともに、他者への思いやりの気持ちを表しており類語と言えます。

心配は、日常会話などのカジュアルな場面で使用でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に心配だ。

⑦申し訳ない

ややフォーマルな言葉を表す画像

申し訳ない=「言い訳のしようがない、弁解の余地がない状態」の意味

「気の毒」も「申し訳ない」もともに、他者に対する申し訳なさや同情の気持ちを表す言葉であり、類語であると言えます。

ただし、気の毒は、他者の不幸に対す同情の気持ちを、申し訳ないは自分の行動を詫びる気持ちを表すという違いがあります。

申し訳ないは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、もう少し手助けできたのではないかと申し訳なく思う。

⑧残念

残念=「物事が思わしくない、物足りない」の意味

「気の毒」と「残念」はともに、同情や失望感を表す言葉であり、類語と言えます。

残念は、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に残念に思う。

⑨同情する

ややフォーマルな言葉を表す画像

同情する=「他人の気持ちや境遇を自分のことのように思いやり、共感する」の意味

「同情する」という言葉には、共感するという意味が含まれていますが、特に他人の不幸や悲しみなどマイナスの感情に対して共感するという意味があります。

「気の毒」も「同情する」もともに、他人の不幸や悲しみ、苦しみに対する共感を表す言葉であり、類語と言えます。

同情するは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に同情する。

⑩心が痛む

ややフォーマルな言葉を表す画像

心が痛む=「他人の不幸や苦しみに対して、自分も心を痛めるような深い同情の気持ちを持つ」の意味

「気の毒」も「心が痛む」もともに、他人の不幸や苦しみに対する深い同情の気持ちを表す言葉であり、類語と言えます。

心が痛むは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に心が痛む。

気の毒の”カジュアル”な言い換え・類語!

気の毒のカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑪情けない

ややカジュアルな言葉を表す画像

情けない=「みじめで見ていられない、期待はずれで残念だ」の意味

「気の毒」と「情けない」はともに、他人の不幸や苦しみに対する同情の気持ちを表す言葉であり、類語であると言えます。

ただし、情けないという言葉は自身の状況や行動に対して使用する場合は、反省しているという意味を持ち、相手へ同情の念を抱かるという特徴がありますが、他人に使用する際には、相手の状況や行動を軽んじ批判するという印象があり失礼な言葉となります。

日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも、相手に対して使用することは避けたい言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に情けなく思う。

⑫哀れに思う

ややカジュアルな言葉を表す画像

哀れに思う=「相手の境遇や状況に同情し、心を痛める」の意味

「気の毒」も「哀れに思う」もともに、相手の不幸な状況や境遇に対して、同情や憐れみの気持ちを表す言葉であり、類語と言えます。

ただし、哀れに思うという表現は、相手を過小評価していたり、批判していると捉えられかねない印象をもつ表現となりますので、使用の際には注意が必要です。

ビジネスシーンなどのフォーマルな場面には不向きな言葉であり、親しい間柄などカジュアルな場面で使用される言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に哀れに思う。

⑬悲惨

どちらでもない言葉を表す画像

悲惨=「見聞きに耐えられないほど痛ましい状況や様子」の意味

「気の毒」も「悲惨」もともに、深い同情や悲しみを表す言葉であり、類語と言えます。

悲惨は日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用される言葉です。

ただし、相手に向かって使用する場合、相手の状況を非常に悲しく、惨めなものと捉えている印象を与えてしまう可能性があり、失礼であると認識されてしまう恐れがありますので、使用の際には注意が必要です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に悲惨だなと思う。

⑭不甲斐ない

不甲斐ない=「情けない、恥ずかしい」の意味

「気の毒」も「不甲斐ない」もともに、、物事が思わしくない状況や、期待に応えられない状況を表す言葉であり、類語と言えます。

ただし、気の毒は相手に対して、不甲斐ないは基本的に自分に対して使用する言葉です、

不甲斐ないという言葉を相手に使用すると、相手の状況や行動を批判していると捉えられかねないので注意が必要です。

親しい間柄などカジュアルな場面で使用することもあると思いますが、相手に直接言うのは避けたい言葉です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に不甲斐ない奴だと思う。

⑮可哀想

可哀想=「ふびんに思えるさま、同情の気持ちが起こるさま」の意味

「気の毒」も「可哀想」もともに、他者の不幸な状況に対する同情の気持ちを表す言葉であり、類語と言えます。

可哀想は日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

ただし、可哀想という言葉は、相手の状況に同情しているようで、実は相手より自分が優位な立場に立っているということを印象付けてしまう可能性もあるので、使用の際には注意が必要です。

例文

昇進試験に落ちてしまった部下の様子を見ると、本当に可哀想に思う。

目次