MENU

一旦の言い換え15語!ビジネスやメールで使える類語や表現を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「一旦」の言い換え表現を紹介します!

「一旦」はしばらくの間、一時、一度という意味の言葉です。

一旦計画を中断し、経過を見ていきます

この言葉は日常生活で使うこともありますが、ビジネスシーンで使う機会が多いです。

この記事では「一旦」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

一旦の”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは一旦のフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①一度

ややフォーマルな言葉を表す画像

一度=「一旦、もし」の意味

一回や仮、試しという意味で使うこともあれば、ある特定のことを指すときにも使います。

「一度帰宅する」は一回という意味で、「一度話がしたい」は特定のことを指しています。

文によって意味が変わり、改まった場面で使うことが多いです。

一度計画を中断し、経過を見ていきます

②さしあたって

ややフォーマルな言葉を表す画像

さしあたって=「とりあえず今は、今しばらくの間」の意味

これからどうなるかわからないが今のところはという状況で使います。

この言葉のポイントは、先のことが不明確なときに使うところです。

また、この言葉自体を敬語に変えることができません。

ですので、目上の人に対して使うときは前後の文を敬語に変える必要があります。

さらに丁寧な言い方にしたい場合は、「さしあたりましては」と言い換えると良いです。

この言葉は基本的にひらがな表記で使いますが、「差し当たって」と漢字表記にしても問題はありません。

硬い印象を与えたいときに漢字表記にすると良いでしょう。

さしあたって、計画を中断し経過を見ていきます

③当分

ややフォーマルな言葉を表す画像

当分=「しばらく、さしあたり、今のところ」の意味

近い将来という意味があるので、ある程度の期間を指す場合に使います。

また「当分の間」は、しばらくの間やとりあえずと言いたいときに使う改まった言い方です。

両方とも、見通しが決まっていない間ずっとという場合に使います。

計画を中断し、当分は経過を見ていきます

④暫定的に

ややフォーマルな言葉を表す画像

暫定的に=「今だけの取り決め、一時的」の意味

正式に決定するまでの間のことを言い、仮の状態を指します。

また今後変更される可能性があるという意味もあります。

この言葉は「一時的に」と意味は同じですが、ビジネスなど改まった場面で使うことが多いです。

計画の中断が決定するまで、暫定的に対応策がないか話し合う必要があります

⑤当面の間

ややフォーマルな言葉を表す画像

当面の間=「しばらくの間、さしあたって、今のところ」の意味

「当面」は、今のところ、さしあたってという意味です。

ですので「当面の間」は、同じ意味の言葉が2つ組み合わさっているので間違いと言われています。

しかし、一般的によく使われているので使っても問題ないとされています。

期間は決まっておらず一時的にという場面で使い、早急な対応が必要、解決ができる場合には使いません

ちなみに期間が長いときは「当分の間」、短いときは「当面の間」を使います

当面の間、計画を中断し経過を見たいです

⑥臨時

ややフォーマルな言葉を表す画像

臨時=「一時的であること、その期間だけ」の意味

その時々の状況や内容を伝えるときに使い、お店が急遽休みにする場合は「臨時休業」と使います。

他にも、「臨時総会」「臨時調査」などと使うことができます。

硬い表現なので、改まった場面でよく使われている言葉です。

臨時の計画を中断し、経過を見ていきます

⑦略式ながら

ややフォーマルな言葉を表す画像

略式ながら=「本来行うべき手続きを飛ばしたやり方ではありますが」の意味

この言葉はメールや手紙など急ぎの連絡や挨拶だけでもしたい場合に使う、書き言葉です。

またお詫びをしたい場合にも使うことができます。

普段からお世話になっている人や取引先、顧客、そして同僚に対しても使うことができます。

「略式ながら」は書き言葉なので、会話では「簡単ではありますが」と言います。

略式ながら、計画を中断し経過を見ることが決まりました

⑧ひとまず

ややフォーマルな言葉を表す画像

ひとまず=「さしあたり、今のところ」の意味

これからのことは別にして、今の時点で一旦区切りをつけるという場合に使います。

「とりあえず」と意味は同じですが、ビジネスなどのシーンで使うことができる言葉です。

目上の人に対しても使うことができ、他にもすぐに、第一にという意味で使うことがあります。

改まった場面で使うことができる言葉なので、覚えておくと良いでしょう。

ひとまず計画を中断し、経過を見ていきます

一旦の”カジュアル”な言い換え・類語!

一旦のカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑨一時的に

どちらでもない言葉を表す画像

一時的に=「少しの期間、しばらくの間、臨時」の意味

継続してずっとではなく一定期間の場合に使い明確な期間や時間の決まりはありません

少しの間という意味以外に、その場限りという意味もあります。

ちなみに「一時」には、しばらくの間、短い時間という意味の言葉です。

仮の状態ということを伝えたいときに使うと良いでしょう。

一時的に計画を中断し、経過を見ていきます

⑩まずは

どちらでもない言葉を表す画像

まずは=「とりあえず、ともかく」の意味

細かな点よりも重要な事柄へ目を向けてほしいときに使います。

「まずは〇〇よりも△△を確認する必要があります」と使うことができます。

他にも最優先させたいことがある場合や、何かをはじめる合図として使います。

日常生活から改まったシーンまで使われている言葉です。

計画を中断し、まずは経過を見る必要があります

⑪仮に

どちらでもない言葉を表す画像

仮に=「一時的に、暫定気に」の意味

そのときだけの対応という意味以外に、仮定という意味があります。

「仮に来なかったとしても」「仮のスケジュールを作成いたしました」と使うことができます。

使うシーンや文によって、様々なところで使うことができる言葉です。

仮に計画を中断した場合、経過はどうなるのでしょうか?

⑫今のところ

どちらでもない言葉を表す画像

今のところ=「当面は、今の段階では、しばらく」の意味

今後どうなるかわからないが現時点ではという場合に使います。

日常生活からビジネスの場まで使える言葉ですが、人によっては馴れ馴れしいと思われる恐れがあります

ビジネスで使う場合は、親しい間柄の相手に使うようにしましょう。

今のところ計画を中断し、経過を見ていく方向で動いています

⑬一遍

ややカジュアルな言葉を表す画像

一遍=「一回、一度」の意味

一回試してもらいたいときや何かを伝えたいときに使い、一度に全部という意味で使うこともあります。

例えば、「一遍食べてみて」は一回という意味です。

そして「一遍に全部食べて」は一度に全部という意味になります。

ちなみにこの言葉は、文学作品などでよく使われています。

一遍計画を中断し、経過を見てみましょう

⑭しばらくの間

ややカジュアルな言葉を表す画像

しばらくの間=「とりあえず、ある程度の時間」の意味

長くはないがある程度の期間を表すときに使い、いつまでという期間の定めはありません

使い方によってその期間の長さが変わってくるという特徴があります。

しばらくの間、計画を中断し経過を見ていきます

⑮とりあえず

ややカジュアルな言葉を表す画像

とりあえず=「さしあたって、なにはさておき」の意味

十分な対処などができないため一時的な対応をするときに使います。

親しい相手に対して使う、カジュアルな言葉です。

目上の人に対して使わない方が良いですが、同僚や後輩であればビジネスシーンでも使うことができます。

とりあえず計画を中断し、経過を見ていきましょう

目次