MENU

業務の言い換え15語!ビジネスで使える類語や表現を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「業務」の言い換え表現を紹介します!

「業務」は職業や事業などに関して、継続して行う仕事という意味の言葉です。

念入りに計画を立てて、業務を遂行する。

ビジネスシーンでよく使われる、フォーマル寄りな言葉です。

この記事では「業務」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

業務の”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは業務のフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①実務

ややフォーマルな言葉を表す画像

実務=「実際の具体的な仕事」という意味

具体的で実践的な業務全般を指し、仕事や職務において非常に重要な要素となります。

個々の従業員が、日常的に行う具体的なタスクや作業です。

ビジネスシーンなどでよく使われる、フォーマル寄りな言葉です。

実務において、念入りに計画を立てることも重要です。

②職務

ややフォーマルな言葉を表す画像

職務=「その人が担当している仕事、役目、つとめ」という意味

特定の職位に関連する、業務や任務の集合体です。

特定の役職やポジションに関連する具体的な責任や役割を指し、明確な任務と権限が伴います。

フォーマル寄りな言葉で、ビジネスシーンでもよく使われます。

念入りに計画を立てて、職務を全うする。

③任務

ややフォーマルな言葉を表す画像

任務=「責任をもって果たすべきつとめ」という意味

特定の目的を達成するために与えられた、具体的な仕事や使命を指します。

期限や条件が、設定されることが多いです。

フォーマルなシーンなどでよく使われる言葉です。

念入りに計画を立てて、任務を果たす。

④役務

ややフォーマルな言葉を表す画像

役務=「公的な仕事、また、他の人のために行う労働」という意味

特定のサービスや労働、義務的な仕事を指し、契約や法律に基づいて提供されることが多いです。

一般的に、法律によって定められた範囲内で行われます。

フォーマルなシーンで使われることが多い言葉です。

念入りに計画を立てて、役務を提供する。

⑤役目

ややフォーマルな言葉を表す画像

役目=「役として成しとげなければならない仕事、役としての務め」という意味

主に人が持つ責任や義務、あるいはその人の果たすべき役割や立場を指す言葉です。

時間的な制約よりも、責任や役割の性質が重要です。

日常会話でも使える、フォーマル寄りな言葉です。

念入りに計画を立てて、役目を果たす。

⑥責務

ややフォーマルな言葉を表す画像

責務=「責任と義務、また、果たさなければならない務め」という意味

個人や組織が持つ特定の義務や責任、あるいはその人が果たすべき義務的な仕事や行動を指します。

法的な規制や、法律に基づいて行動することが求められる場合があります。

ビジネスの場でもよく使われる、フォーマルな言葉です。

念入りに計画を立てて、責務を果たす。

業務の”カジュアル”な言い換え・類語!

業務のカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑦作業

どちらでもない言葉を表す画像

作業=「仕事、また、仕事をすること、特に一定の目的と計画のもとに身体または知能を使ってする仕事」という意味

一般的には、手順や方法に基づいて行われる労働や活動を指します。

ある目的を達成するために行われます。

日常会話でも使える、ニュートラルな言葉です。

念入りに計画を立てて、作業をおこなう。

⑧課題

どちらでもない言葉を表す画像

課題=「解決しなければならない問題、果たすべき仕事」という意味

与える、または、与えられる題目や主題という意味もあります。

解決すべき具体的な問題や取り組むべき仕事を指し、学びや成長の機会を提供します。

ニュートラルな言葉で、ビジネスの場でも使える言葉です。

念入りに計画を立てて、課題を終わらせる。

⑨処理

どちらでもない言葉を表す画像

処理=「物事を取りさばいて始末をつけること」という意味

何らかの作業や手続きを行うことを指します。

特定の対象物に対して、必要な処置や手順を行い、特定の成果や状態を得ることが目的です。

カジュアルな場でも、ビジネスの場でも使える言葉です。

念入りに計画を立てて、処理をおこなう。

⑩役回り

どちらでもない言葉を表す画像

役回り=「割り振られた役、役の回りあわせ」という意味

特定のシチュエーションやグループの中で、各人が担当する役割や責任範囲を示す場合に使われます。

グループやチーム内での効果的な役割分担や、協力体制を築くことが目的です。

日常会話でも使われる、ニュートラルな言葉です。

念入りに計画を立てて、役回りを明確にする。

⑪仕事

どちらでもない言葉を表す画像

仕事=「生計を立てる手段として従事する事柄、職業」という意味

何かを作り出す、または、成し遂げるための行動という意味もあります。

個人または組織が報酬や生計を得るために行う労働や活動を指し、経済的な活動が中心です。

ビジネスシーンでも、日常会話でも使える言葉です。

念入りに計画を立てて、仕事を終わらせる。

⑫用事

どちらでもない言葉を表す画像

用事=「しなくてはならない事柄、用件」という意味

何かをするために計画的に行う活動や、必要な手続きを意味します。

日常生活での買い物や会議、予定されたアポイントメント、手続き、その他のさまざまな活動が含まれる場合があります。

さまざまなシーンで使える、ニュートラルな言葉です。

念入りに計画を立てて、用事を終わらせる。

⑬タスク

どちらでもない言葉を表す画像

タスク=「課せられた仕事、職務」という意味

明確な目標や結果が求められる活動です。

業務の中で個別に実行可能な、具体的な作業や活動の単位を指します。

ビジネスシーンでもよく使われる、ニュートラルな言葉です。

念入りに計画を立てて、タスクを終わらせる。

⑭ミッション

どちらでもない言葉を表す画像

ミッション=「使命、重要な任務」という意味

組織や個人が目指す方向性や理念を表し、行動の基盤となる重要な概念です。

軍隊でのミッションは、特定の任務や戦略の実行を指す場合があります。

ニュートラルな言葉で、ビジネスでの場でも使われます。

念入りに計画を立てて、ミッションを遂行する。

⑮やること

ややカジュアルな言葉を表す画像

やること=「主に行為を指すことを表した言葉」の意味

特に、予定や義務などを意味する場合が多いです。

業務と違って、仕事以外の活動も含みます。

日常会話でよく使われる、カジュアル寄りな言葉です。

念入りに計画を立てて、やることを終わらせる。

目次