MENU

注目の言い換え15語!ビジネスで使える表現やカタカナ語も紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「注目」の言い換え表現を紹介します!

「注目」は 関心をもって見守ることという意味の言葉です。

注目している職種。

「注目」は主にビジネスシーンで使われる、ややフォーマルな言葉です。

この記事では「注目」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

注目の”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは注目のフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①主眼を置く

フォーマルな言葉を表す画像

主眼を置く=「何かの一番大事な部分に注意を集中すること」の意味

「注目」は目立つことや大事なことに注意を向けることで、「主眼を置く」は特に重要だと考えることに一番力を入れることです。

「注目」に比べて、使用用途・使用頻度の狭い言葉ですが、ビジネスシーンでよく使われます。

日常生活ではまず使わない、非常にフォーマルな言葉です。

主眼を置いている職種。

②注視している

フォーマルな言葉を表す画像

注視している=「じっと見ていること」の意味

「注目」は多くの人が興味を持つことで、「注視している」は特定のものや状況をじっくりと見つめることです。

「注視している」は主に見守っているときに使う言葉です。

こちらも日常生活ではまず使わない、非常にフォーマルな言葉です。

注視している職種。

③目を配る

目を配る=「周りをよく見て注意を払うこと」の意味

「注目」は特定のものに関心を持って見ることで、「目を配る」は周りのいろいろなことに気を配って注意することです。

「注目」は主になにか1つに「注目」しますが、「目を配る」は周り全体に「目を配る」時に使う言葉です

日常生活でもたまに使いますが、主にビジネスシーンで使われる言葉です。

目を配っている職種。

④様子をうかがう

様子をうかがう=「誰かの行動や雰囲気をこっそり見ること」の意味

「注目」は重要なことに関心を持って見ることで、「様子をうかがう」は状況や動きをこっそり観察することです。

「目を配る」よりも消極的に周りを見ているのが「様子をうかがう」になります。

日常生活でもたまに使いますが、丁寧な言葉なのでややフォーマルな言葉だといえます。

様子をうかがっている職種。

⑤着目する

着目する=「あることに特に注意を向けること」の意味

「注目」はみんなが一つのことに興味を持って見ることで、「着目する」は特定のポイントに目を向けてよく見ることです。

「注目」している部分のさらに細かい部分に「着目する」といったニュアンスです。

こちらも日常生活でもたまに使いますが、ややフォーマルな言葉だといえます。

着目している職種。

⑥観察している

観察している=「注意深く見ていること」の意味

「注目」は特別なことや大事なことに注意を向けることで、「観察している」は物事を詳しく見て理解するために見ることです。

「注目」の方が成り行きを見守る、といったニュアンスが強いですね。

日常生活でも使う言葉ですが、丁寧な言葉でレポートなどに向くややフォーマルな言葉だといえます。

観察している職種。

注目の”カジュアル”な言い換え・類語!

注目のカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑦関心を持つ

どちらでもない言葉を表す画像

関心を持つ=「何かに興味を持つこと」の意味

「注目」は特別なことにみんなが注意を向けることで、「関心を持つ」は興味を持ってもっと知りたいと思うことです。

「関心を持つ」の方が積極的なニュアンスの言葉ですね。

日常生活・ビジネスシーンどちらでも使える、とてもニュートラルな言葉です。

関心を持っている職種。

⑧視線を向ける

どちらでもない言葉を表す画像

視線を向ける=「見たいものに目を向けること」の意味

「注目」は特に注意を払って見ることで、「視線を向ける」は目をその方向に向けることです。

「注目」の方が、より関心が強い言葉ですね。

日常生活・ビジネスシーンどちらでも使える、ニュートラルな言葉です。

視線を向けている職種。

⑨気に掛ける

ややカジュアルな言葉を表す画像

気に掛ける=「心配して気にすること」の意味

「注目」は特に注意を払って見ることや関心を持つことで、「気にかける」は心配や思いやりを持つことです。

「気にかける」の方が相手へのやさしさを感じますね。

主に身近な人に使う、ややカジュアルな言葉です。

気に掛けている職種。

⑩目を光らせている

どちらでもない言葉を表す画像

目を光らせている=「注意深く見守っていること」の意味

「注目」は興味を持って注意を向けることで、「目を光らせている」は問題が起きないように注意深く見張ることです。

「監視」が近い言葉でしょうか。あまりポジティブな言葉ではないですね。

ニュートラルな言葉ですが、あまりビジネスシーンで使いたい表現ではないですね。

目を光らせている職種。

⑪心に留めている

どちらでもない言葉を表す画像

心に留めている=「気にして注意を払っていること」の意味

「注目」は何かに強い関心を持ってそれに注意を向けることで、「心に留めている」は何かを大事に思い、忘れないようにすることです。

同じ大事に思うことですが、「気に掛けている」は誰かや何かを心配して注意を払っていること。「心に留めている」は大事なことや思い出を忘れずに覚えていることです。

日常生活・ビジネスシーンどちらでも使える、ニュートラルな言葉です。

心に留めている職種。

⑫気を配る

どちらでもない言葉を表す画像

気を配る=「大事に思って覚えていること」の意味

「注目」は特に注意を向けることで、「気を配る」は周りのことをよく考えて注意を払うことです。

似た言葉で「気に掛けている」は他の人や物事について心配したりすることで、「気を配る」は周りのことをよく考えて、注意深く行動することです。

日常生活・ビジネスシーンどちらでも使える、ニュートラルな言葉です。

気を配っている職種。

⑬目を付ける

ややカジュアルな言葉を表す画像

目を付ける=「特に注意を向けていること」の意味

「注目」は大事なことや興味があることに特に注意を向けることで、「目を付ける」は何かに興味を持って、それを特に気にすることです。

「視線を向ける」以上に興味があり、「注目」よりは関心が薄いといったニュアンスです。

ビジネスでも使われますが、主に日常生活で使うややカジュアルな言葉です。

目を付けている職種。

⑭フォーカスしている

どちらでもない言葉を表す画像

フォーカス=「焦点、中心、的」の意味

「注目」は特別な注意や関心を向けることで、「フォーカスしている」は特定の部分や事柄に集中していることです。

「注目」とほぼ同じ意味の英語ですが、IT分野の「フォーカス」は、入力ができる状態、操作できる状態のこと、医療・看護の分野の「フォーカス」は、患者の情報などを記録する方式のひとつとして使われる言葉です。

ビジネスシーン・日常生活どちらでも使えるニュートラルな言葉です。

フォーカスしている職種。

⑮check it up

カジュアルな言葉を表す画像

check it up=「チェックしてください」の意味

「チェケラ」と読みます。面白いことや重要なことをチェックするように促す若者言葉です。

ちなみに「チェケラ」は「check it out」からきている説もあります。意味は同じです。

日常生活で使う人はごく一部ですが、知っておいてもいいかもしれません。ビジネスシーンでは全く使いません。

この職種は要check it up。

いかがでしたでしょうか?とても幅広いバリエーションがあるかと思います。今後も様々な言葉の言い換えをご紹介いたしますので、今後も「要check it up」です。

目次