MENU

頭がいいの言い換え15語!ビジネスやメール使える類語や表現を紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「頭がいい」の言い換え表現を紹介します!

「頭がいい」は知的で理解力があり、問題解決能力や学習能力に優れているという意味の言葉です。

彼は頭がいいので、いつも仕事を素早くこなします。

頭がいいはカジュアル寄りの言葉になります。

この記事では「頭がいい」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

頭がいいの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは頭がいいのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①聡明

フォーマルな言葉を表す画像

聡明=「知識や経験に基づく理性的な判断力や賢さ」の意味

聡明は、物事を冷静に考え、賢明な判断を下すことができることを指します。

この言葉は、知恵や洞察力に富んでいることを表す場合に使われます。

堅い場面や正式な文章で利用されるフォーマル寄りの言葉で、日常生活ではあまり使われません。

例文

彼は聡明なため、いつも仕事を素早くこなします。

②賢明

フォーマルな言葉を表す画像

賢明=「慎重で冷静な判断力を持ち、経験や知識を活かして適切な判断や行動をとること」の意味

賢明は、物事の判断や選択が賢くて適切であることを指します。

賢明な人は、状況を冷静に分析し、将来の結果を考慮して計画を立てる能力がありますし、他人の意見や助言を謙虚に受け入れ、それを自分の判断に活かすこともできます。

フォーマル寄りの言葉で、ビジネスや公式な場面での会話や文章でよく見られる言葉です。

カジュアルな場面では「賢い」などに言い換えたほうが自然でしょう。

例文

彼は賢明なので、いつも仕事を素早くこなします。

③明晰

フォーマルな言葉を表す画像

明晰=「明確で理解しやすいこと」の意味

明晰は、考えや表現が明瞭であることや、情報が明確に伝わることを表します。

明晰な表現が重要な法律文書、学術論文、公式な報告書などでよく使用されます。

そのためフォーマル寄りな言葉で、カジュアルな場面や日常会話ではあまり使われません。

例文

彼は明晰なので、いつも仕事を素早くこなします。

④明敏

フォーマルな言葉を表す画像

明敏=「物事を素早く理解し、敏捷に行動することができる機敏さ」の意味

明敏は、物事を的確に理解し、素早く適切な対応を取ることができることを表します。

知恵や理解力に加えて、行動力や迅速さも含まれる言葉です。

フォーマル寄りな言葉で、ビジネスや学術的な文脈でよく見られ、カジュアルな会話ではあまり使われません。

例文

彼は非常に明敏で、いつも仕事を素早くこなします。

⑤利口

ややフォーマルな言葉を表す画像

利口=「賢明で知識豊富であること」の意味

利口は、賢いこと、頭が良いこと、器用で巧みなことを指す言葉です。

知識や理解力があり、物事を適切に判断し処理できる様子を表します。

ややフォーマル寄りの言葉ですが、「あの犬は本当に利口だね」のように、少しカジュアルな会話にも使える言葉です。

例文

彼は非常に利口で、いつも仕事を素早くこなします。

⑥知的

フォーマルな言葉を表す画像

知的=「知識や知性に関すること」の意味

知的は、学問や教養があること、知識が豊富であること、感情ではなく理性や理論に基づいて判断や行動することを表します。

例えば「知的な会話」は、深い知識や理性的な議論を伴う会話を指しますし、「知的な人物」は、知識が豊富で理性的な人を指します。

ビジネスや学術的な場面で使われることが多いフォーマルな言葉です。

カジュアルな場面でも使えないことはないですが、「頭がいい」や「物知り」などに言い換えたほうが自然な会話になるでしょう。

例文

彼は非常に知的で、いつも仕事を素早くこなします。

⑦頭脳明晰

フォーマルな言葉を表す画像

頭脳明晰=「非常に賢明で知的であること」の意味

頭脳明晰は、物事を論理的かつ迅速に理解し、判断する能力が高いことを指します。

「明晰」は一般的に物事がはっきりしている状態を指すのに対し、「頭脳明晰」は頭脳や知力が優れている状態を強調する言葉です。

フォーマル寄りの言葉で、仕事の評価や推薦状、正式なスピーチなどで使われる言葉です。

例文

彼は頭脳明晰で、いつも仕事を素早くこなします。

⑧優秀

フォーマルな言葉を表す画像

優秀=「非常に優れていること」の意味

優秀は、他と比べて特に優れていることを表します。

学業や仕事などで特に高い能力や成果を示す場合に使われます。

フォーマル寄りの言葉で、ビジネスの書面や、学校の成績評価などで使われることが多いです。

カジュアルな場面でも使えますが、フォーマルなニュアンスが強いので「すごい」や「腕が立つ」などに言い換えると自然な会話になるでしょう。

例文

彼は優秀で、いつも仕事を素早くこなします。

⑨卓越した知識

フォーマルな言葉を表す画像

卓越した知識=「ある特定の分野やテーマにおいて非常に高い水準の知識を持っていること」の意味

卓越した知識は、その分野で非常に優れた能力や理解を持っていることを示す表現です。

この言葉は専門家や専門家による議論や資格を持つ人々の評価に使用されることが一般的です。

フォーマル寄りの言葉で、カジュアルな場面や日常会話で使うのには向きません。

例文

彼は卓越した知識を持っているので、いつも仕事を素早くこなします。

頭がいいの”カジュアル”な言い換え・類語!

頭がいいのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑩頭の回転が早い

カジュアルな言葉を表す画像

頭の回転が早い=「その人が物事を素早く理解し、迅速に対応できる能力」の意味

頭の回転が早いは、状況に応じた判断や対応が速やかにできることを意味します。

問題解決のスピードが速い、話の理解が早い、新しい情報にすぐ対応できるといった特徴を指します。

日常会話などでよく使われるカジュアルな言葉です。

フォーマルな場面では、「迅速に対応できる」や「判断が的確で早い」などに言い換えたほうが良いでしょう。

例文

彼は頭の回転が早いので、いつも仕事を素早くこなします。

⑪頭が切れる

カジュアルな言葉を表す画像

頭が切れる=「相手の知性や判断力に対する高い評価を表すこと」の意味

頭が切れるは、誰かが知的で賢いという意味を持ちます。

その人の判断力や理解力が優れており、問題を素早く解決したり、洞察力を示したりする能力があることを指します。

カジュアル寄りの言葉なので、フォーマルな場面では「頭脳明晰」などに言い換えるのが適切です。

例文

彼は頭が切れるため、いつも仕事を素早くこなします。

⑫頭が冴えている 

ややカジュアルな言葉を表す画像

頭が冴えている=「知的で冷静な状態」の意味

頭が冴えているは、頭の働きがよく、物事をよく理解している様子を表す言葉です。

脳が活性化していて、思考力や集中力が優れている状態を指します。

ややフォーマル寄りの言葉で日常会話でよく使われる表現ですが、フォーマルな場面でも使うことができる言葉です。

例文

彼は頭が冴えているので、いつも仕事を素早くこなします。

⑬物知り

カジュアルな言葉を表す画像

物知り=「知識が豊富であること」の意味

物知りは、多くの知識を持っている人や、さまざまな分野について詳しく知っている人を指す言葉です。

知識が豊富で、さまざまな質問や問題に対して適切な回答や解決策を提供できる人物を表します。

カジュアル寄りの言葉で、親しい間柄や日常会話で使われることが多い言葉です。

フォーマルな場面では、より適切な表現として「知識が豊富である」などに言い換えるほうが良いでしょう。

例文

彼は物知りで、いつも仕事を素早くこなします。

⑭おつむがよい

カジュアルな言葉を表す画像

おつむがよい=「頭が良い、知的である、理解力がある」の意味.

おつむがよいは、相手の知的な能力や理解力を褒めるときに使われることが多い言葉です。

日本語の俗語や方言として使用されることがあります。

カジュアルな言葉で、親しい間柄での会話や、子供に対して使う言葉です。

フォーマルな場面では「頭が良い」や「優秀だ」などに言い換える方が適切でしょう。

例文

彼はおつむがよいので、いつも仕事を素早くこなします。

⑮飲み込みが早い

カジュアルな言葉を表す画像

飲み込みが早い=「何かを理解するスピードが速いこと」の意味

飲み込みが早いは、新しい情報や指示をすばやく理解し、適切に対応できる能力を表現する言葉です。

学習能力や理解力に関する褒め言葉として使われることがよくあります。

カジュアル寄りの言葉で、日常会話において親しい間柄で使われることが多い表現です。

フォーマルな場面では、「理解が早い」や「素早く理解する」などに言い換えるほうが適切でしょう。

例文

彼は飲み込みが早いので、いつも仕事を素早くこなします。

目次