MENU

理解するの言い換え15語!ビジネスやレポートで使える類語も紹介!

当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
  • URLをコピーしました!

今回は「理解する」の言い換え表現を紹介します!

「理解する」は物事の意味や内容を正しく把握し、その本質を把握するという意味の言葉です。

また、他人の気持ちや立場を察し、共感するいう意味も含まれています。

状況を十分に理解する必要がある。

理解するは、日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用される柔軟な言葉です。

この記事では「理解する」の言い換えを15語紹介しています!興味がある方は記事の続きへどうぞ!

目次

理解するの”フォーマルな”言い換え・類語!ビジネスやレポートで使える言葉を紹介!

まずは理解するのフォーマルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うには、フォーマルな言葉が向いています。

①承知

ややフォーマルな言葉を表す画像

承知する=「相手の話や指示を理解し、それを受け入れる」の意味

理解するにも承知するにも、ともに相手の説明や指示、要求などを把握し受け入れるという意味があり類語と言えます。

承知するはビジネスシーンなどで多用されるフォーマルな言葉です。

例文

状況を十分に承知する必要がある。

②認識する

ややフォーマルな言葉を表す画像

認識する=「物事の本質や意義を捉え、把握する」の意味

認識するには、物事の内容や性質を正しく知ることという意味があり理解すると類語と言えます。

日常会話などではあまり使用されることがなく、ビジネスシーンで多用されるフォーマルな言葉です。

例文

状況を十分に認識する必要がある。

③把握する

ややフォーマルな言葉を表す画像

把握する=「物事の本質や状況を正確に捉え、しっかりと掴む」の意味

把握するはしっかりと理解するという意味合いを含む為、理解すると類語と言えます。

把握するは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用される柔軟な言葉です。

例文

状況を十分に把握する必要がある。

④心得る

ややフォーマルな言葉を表す画像

心得る=「物事の内容や意味を深く理解する」の意味

心得るは、理解するという意味を含む為、類語と言えます。

ただし、心得るは理解した上でそれに応じて適切に行動することまで含んでいるので、ニュアンスの違いを知っておくことが大切です。

心得るはビジネスシーンなどで多用されるフォーマルな言葉です。

状況を十分に心得る必要がある。

諒解する

ややフォーマルな言葉を表す画像

諒解する=「物事の内容や事情を深く理解し、それを承認する」の意味

諒解するには、理解するという意味を含む為、類語と言えます。

諒解するは日常会話で使用されることは少なく、ビジネスシーンなどで多用されるフォーマルな言葉です。

例文

状況を十分に諒解し、同意する必要がある

⑥捉える

ややフォーマルな言葉を表す画像

捉える=「物事の意味や本質を理解する、把握する」の意味

捉えるには、物理的に捕まえる、掴むという意味の他に、理解するという意味があり類語と言えます。

捉えるは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用される柔軟な言葉です。

例文

状況を十分に捉える必要がある。

⑦同意する

ややフォーマルな言葉を表す画像

同意する=「同じ意見、考えをもつ」の意味

同意するには、同じ意見や考えを持つという意味の他に、他者の意見に賛成するという意味が含まれています。

理解するも、同意するも共感するという点において類語と言えます。

同意するは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用される柔軟な言葉です。

例文

状況を十分に把握できたため、同意した。

⑧見通す

ややフォーマルな言葉を表す画像

見通す=「人の心や目に見えない内面の物事を理解する、洞察する」の意味

見通すには、人の内面や心情を把握するという意味があり、理解すると類語と言えます。

ただし、見通すは理解したうえでその先の展望まで予想するという意味合いも含む為、言い換える際には若干のニュアンスの違いに注意が必要です。

見通すは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用される柔軟な言葉です。

例文

状況を十分に見通す必要がある。

⑨承服

ややフォーマルな言葉を表す画像

承服=「他者の意見や提案を受け入れ、同意する」の意味

理解するも承服するも、ともに物事の本質を把握し、受け入れ共感するという意味があり類語と言えます。

承服するは、日常会話などのカジュアルな場面で使用されることは少なく、ビジネスシーンで多用されるフォーマルな言葉です。

例文

状況を十分に把握し、承服した。

⑩推し量る

ややフォーマルな言葉を表す画像

推し量る=「物事の状況や結果を予測し、判断する」の意味

理解するも推し量るも、ともに知識や情報に基づいて状況を把握しようとする点で共通しており類語と言えます。

ただし理解するの方が推し量るよりも、完全に理解が出来たという確実性を含んでいる為、言い換える際には若干のニュアンスの違いに注意が必要です。

日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用される柔軟な言葉です。

例文

状況を十分に推し量る必要がある

理解するの”カジュアル”な言い換え・類語!

理解するのカジュアルな言い換え語、類語を紹介します。

ビジネスシーンやレポートで使うのには向いていませんが、親しみやすい表現に言い換える時に役立ちます。

⑪わかる

どちらでもない言葉を表す画像

わかる=「物事や状況の意味や内容を理解し、把握する」の意味

理解するもわかるも、ともに物事の意味や内容を把握するという共通の意味を持っているため、言い換え可能です。

日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉ですが、上司や目上の人に使う場合は、敬意が伝わるような言い換えが必要となります。

例文

状況を十分にわかる必要がある。

⑫知る

どちらでもない言葉を表す画像

知る=「物事の状態、内容、価値などを理解する、把握する」の意味

理解するも知るも物事の内容を理解し、把握するという意味があり類語と言えます。

ただし、知るは物事の存在や内容を認識する段階で使われる言葉であり、理解するは更に物事の本質まで深く把握するという意味がある為、使用する際にはその若干のニュアンスの違いに注意が必要となります。

日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

状況を十分に知る必要がある。

⑬おさえる

どちらでもない言葉を表す画像

おさえる=「大切なところをしっかり理解する、把握する」の意味

おさえるには理解するという意味が含まれている為、類語と言えます。

日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

状況を十分におさえる必要がある。

⑭了解する

ややカジュアルな言葉を表す画像

了解=「理解する、よくわかる」の意味

了解は、承認するという意味の他に理解する、よくわかるという意味があり類語と言えます。

ただし、了解という言葉には敬意が含まれていないことから、ビジネスシーンで使用するには不適切だとみなされることもあり、カジュアルな言葉と捉えられがちなので注意が必要です。

例文

状況を十分に把握し、了解した。

⑮掴む

ややカジュアルな言葉を表す画像

掴む=「物事の要点を確実に捉える」の意味

理解するも掴むも、ともに物事の要点や本質を捉えるという共通の意味があり言い換え可能です。

ただし、掴むは理解するよりも感覚的な表現となり、使用する際にはその若干のニュアンスの違いに注意が必要です。

掴むは日常会話などのカジュアルな場面でも、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でも使用できる柔軟な言葉です。

例文

状況を十分に掴む必要がある。

目次